川崎重工は、JR東日本と鉄道システム用地上蓄電設備 ギガセル の実証試験を開始したと発表しました。回生電力貯蔵装置の運用を行い、大容量ニッケル水素電池「ギガセル」を”き電線”(架線)に直結し、電力を蓄電、放電する世界で唯一の方式だとのことです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

GreenPost 33号- しなやかな技術研究会 2012/7/30-8/3日版

自然エネルギー 適正技術 クラフト - 繊細にして強靭、そして”手”をイメージした技術に関する情報収集および発信----- GreenPost -Heuristic Life- 発見的生活の提案

このまとめを見る