1. まとめトップ

TV放映!意外と知らない『Mr.インクレディブル』の楽しむ方法

2012年7月25日 水曜プレミアシネマ放送の『Mr.インクレディブル』が見たくなる豆知識をまとめてみました。まだ見たことない方は、ネタバレがあるので注意してください。

更新日: 2012年08月06日

11 お気に入り 302574 view
お気に入り追加

ネタバレがあるので注意してください。

人間が主人公!これはピクサー社ではタブーとされてきた

初めて人間を登場人物に描く ”Mr.インクレディブル”

ブラッド・バード監督

アニメ界の神童

11 歳で最初のアニメ製作、2 年後に完成させた。
14 歳の頃からディズニー社も注目していた。

TV アニメシリーズの「シンプソンズ」や、映画「アイアン・ジャイアント」の製作でも知られている。
とくに後者はアニー賞 9 部門やロサンジェルス批評家協会最優秀アニメ賞を受賞した傑作だ。

ピクサー作品の邦題はどうやって?知られざる法則

『Mr.インクレディブル』(原題:The Incredibles)

意味は「インクレディブル一家」
これはスーパーヒーローの物語ではなく、スーパー家族の家族愛の物語なのでもある。

概要

「Mr.インクレディブル」の元ネタはコレ

「ファンタスティック・フォー」

原作コミックはアメコミ史上初のファミリー・ドラマ。
映画でも原作でもインビジブル・ウーマンとヒューマン・トーチは姉弟。
「Mr.インクレディブル」の母親の手足が伸びるのも、ミスター・ファンタスティックそっくり。

インクレディブル一家と吹き替えの声優

主人公 

ロバート・パー 声(三浦友和)

元スーパーヒーローで、今は保険会社のクレーム係として働くサラリーマン。妻と子供達を愛し平凡な生活を送っている
ほとんどの物理的な衝撃に耐える頑強な肉体と驚くべき怪力の持ち主。

イラスティガール夫人 声(黒木瞳)

結婚した後、引退し3人の子供をもうけている。伸縮自在な身体で、自らを自在に変形させることができる。

バイオレット・パー 長女 声(綾瀬はるか)

内気で引っ込み思案な性格で好きな男の子が来ると隠れてしまうくらい。透明になったり特殊バリアをはれるというスーパーパワーを持っている。

ダッシュ・パー 長男 声(海峰拓也)

負けず嫌いな性格。目に見えぬくらい超高速で走れるスーパーパワーを持っているが、その使用を禁じられていることを不満に思っている。

ジャック・ジャック・パー 次男(原語版流用)

まだ赤ん坊で言葉はしゃべれないけど、怒るとやっぱりスーパーパワーを発揮する。

ライバル

シンドローム 声(宮迫博之)

幼い頃Mr.インクレディブルに憧れインクレディボーイを名乗るが、当のMr.インクレディブルに邪険にされ逆恨み。様々な武器やロボットを作り、Mr.インクレディブルに挑む敵となって立ちはだかる。

ミラージュ 声(渡辺美佐)

浅黒い肌に銀色の髪、碧の目を持ち、シンドロームの秘書を務める美女。素性を偽り、引退したはずのMr. インクレディブルをスーパーヒーロー稼業に引き戻す。

このストーリーを思いついたきっかけは?

このアイデアが思いついたのは、今から11年も昔のことなんだ。

当時、映画企画をたくさん抱えていたんだけど、どれも実現させることができなくて、家庭と仕事とのバランスとか、やりたい仕事をやらせてもらえないストレスなんかが、ストーリーに大きく反映されてるんだよ

ピクサーのストーリーへのこだわり

1 2 3





「とりあえずやってみます」がモットー  皆さんと何か共有できたらさいわいです。
https://twitter.com/