出典 www.afftis.or.jp

シバンムシアリガタバチ

体長は雌2mm、雄1.5mm、本州、四国、九州に広く分布する。アリの形をしていて雌には翅がない。ハチと同様に尾端の毒針でヒトを刺すことがある。 近年これによる被害がふえているが、これは建築様式が昔とは違い家屋内の湿度が高くなり、その結果、 畳の湿度が増し、アリガタバチの宿主であるシバンムシの畳内での繁殖条件をよくしたためと考えられている。 畳に小さな穴があいているのが特徴。刺された瞬間ごく軽度の痛みを覚える。

http://www.ikedaisikai.or.jp/qanew/hihu/musi.htm

この情報が含まれているまとめはこちら

【蚊でもダニでもない】チクッとした痛みのある、この虫刺されって何?

夏になると蚊に悩まさせれますが、それに混じって違う痒みと痛みを伴う虫さされがあります。気になって仕方ないので調べてまとめてみました。

このまとめを見る