車で60kmものの速度を飛ばした際に窓から
受け止める形でちょっと手を出してみよう
その際可愛いあの子の恥じらいの顔を妄想しておくとなお良しである
 
「ぁ…///運転くらい集中してよね!///」
 
以下利用方法
 
☆手で感じる
前述した通り
手のひらにハンカチを乗せて風を受けると非常にリアルなシャツパイを体感できる。
☆頭や顔で感じる
風の受け方次第では擬似的ぱふぱふを堪能出来る

出典時速60キロの風圧の感触 -アニヲタWiki-

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【車の窓】擬似おっぱいへの探求まとめ【60km?】

おっぱいは全男性の憧れ。しかし全ての人がいつでもおっぱいに親しめる環境にあるとは限りません。19世紀末の西洋で、生活必需品であるバターが不足したことにより代用品であるマーガリンが発明されたように、おっぱいへの渇望もまた数々の「擬似おっぱい」を生み出しました。

このまとめを見る