ハードなオフィスワークなどが原因で眼精疲労を起こしている可能性もあるので、こまめに休憩をとるようにし、目を休ませましょう。頭痛に効果のあるつぼ押しやストレッチで疲れをほぐすことも効果が期待できます。

出典PMSの症状を和らげるには:もっと産業医に相談しよう!:婦人科と症状、女性の健康と悩み、生活専門誌の情報

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

PMS(月経前症候群)・生理痛を元気に乗り越える!

出来るだけ薬を使わず元気に乗り越えられる方法を集めてみました!

このまとめを見る