1. まとめトップ

宮崎県民が食べてるホントの宮崎郷土料理まとめ

宮崎県民は毎日チキン南蛮を食べてるのか?デザートは高級マンゴーなのか?北と南でもかなり違う宮崎郷土料理のまとめ。

更新日: 2012年09月18日

47 お気に入り 312996 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hyuganatsuさん

宮崎県民み~んな大好き!なソウルフード

誰もが認める宮崎県民のソウルフードNo.1。県北延岡発祥と最近ようやく認識されてきた。

麺が柔らくて細いのはコシがないんじゃなくてわざとなの!宮崎県民の「裏」ソウルフードNo.1。

都会では「サラダ巻き」などという呼び名もあるらしい。宮崎市の「一平寿し」が発祥。

延岡「桝元」発祥のオリジナルご当地ラーメン。宮崎県内で辛麺と呼ばれるものはこの延岡スタイルが定番。

宮崎では子供の頃から飲んでいる「母の味」。

宮崎のお菓子屋さんが作ったオリジナルスイーツ。最近はいろんなバージョンのチーズ饅頭が出てきてます。

宮崎県民の「命の水!(笑)」的な県民的焼酎。黒・白・赤・金など種類も豊富。宮崎の一般家庭では霧島を絶対に切らさないように常にストックがある。(本当です!)

セレブ向けマンゴーよりも宮崎県民にはなじみのある甘~い完熟きんかん。冬になると大量買いしてボリボリ食べます。

いつも食べるのは無理だけど・・たま~に食べちゃう高級食材

松坂牛と同ランクの美味しいお肉がリーズナブルに食べれるのは宮崎ならでは。

伊勢海老シーズンには県内のあちこちで「伊勢海老祭り」が開かれます。その中でも日南周辺の伊勢海老祭りは値段・量的にビックリするぐらいお得です。

実は宮崎は全国3位のうなぎの産地。うなぎ激戦地の西都市周辺には「日本一行列のできるうなぎ店」として超有名な老舗「入船」ほか数多くのうなぎ専門店が並び、リーズナブルなお値段でうなぎが食べられます。

TVで宮崎を代表する料理って見たけど・・ウチらんとこじゃ食ったこつないわ~!的な食べ物

チキン南蛮と並んで宮崎郷土料理として取り上げられる冷や汁だが、県北人にとってはなじみが薄く食べたことのない人も多い。

宮崎市で生まれたファストフード。だが宮崎市周辺以外の地域(県北など)ではその存在すら知らない人も多い。

某知事が宣伝しているのを見てこれが宮崎の一押しフルーツと初めて知った。しかし庶民感覚とはあまりにかけ離れた値段なので都会のセレブ向けな感じのフルーツ。

宮崎の北から南までご当地的な食べ物いろいろ

県北延岡の秋の風物詩といえば鮎やなで食べる鮎。炭火で串焼き状態のを豪快にかぶりつきます。

城下町延岡生まれの素朴感あふれるスイーツ。薄皮でわざと中のアンコを見せてるのがミソ。

延岡の居酒屋に必ずあるメヒカリ料理。よその地域では高級魚らしい。

延岡市民に長年愛されてきた庶民の味。

流しそうめんの発祥は神話の里高千穂です。

日本最南端のスキー場がある五ヶ瀬町では美味しいヤマメが一年中食べれます。

漁師町南郷ならではの男らしい美味しい丼もの。

初めて見た時はその独特の見た目に驚くが味は美味しい。

県南の城下町飫肥名産。さつま揚げっぽい見た目。

青島に行くと必ず目にするおみやげ。宮崎市以外ではほとんど見ない。

いろんな具が詰まったオモシロお菓子。

1