1. まとめトップ

びっくりするほど汚れが落ちる!洗濯槽の洗い方

洗濯槽の汚れは衣服の臭いの原因になります。ここでびっくりするほど汚れが落ちる洗濯機の洗い方を紹介します。

更新日: 2016年03月30日

mdktさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
13697 お気に入り 7732643 view
お気に入り追加

洗濯槽クリーニングの必要性

カビは臭いの原因になる

洗濯機も掃除しないで放置プレイしてると、そのうち洗濯槽の裏側にカビがびっしり住み着いてしまいます。

どうもこれは全自動洗濯機の構造上の宿命らしく、防ぐことはなかなか難しいようです。

市販の洗濯槽クリーナーではだめなの?

塩素系では、粉状の黒カビが溶け出るだけでまったく取れない

市販の洗濯槽クリーナーは塩素系で、カビ臭ささが残ったままになる。
酸素系(過炭酸ナトリウム)では、ヘドロのようなドロドロの塊が大量にプカプカ浮いて取れ
しっかり除去できることから臭いも取れます。

洗濯槽クリーニングの利点

自分でも本格的に洗濯槽を掃除できる!

プロに頼むと洗濯槽の掃除は1万2,000円~ほどかかります。
しかし、自分でも酸素系漂白剤を使って
洗濯槽を掃除する方法があるので、紹介していきます。

洗濯槽クリーニングの仕方

用意するもの

①酸素系漂白剤:粉末500g以上、液体でも500ml~1,000ml
 ※必ず酸素系漂白剤を使用すること!
②ゴミすくいネット:浮いた汚れを取ります。100均にも売っています。
③お湯:お風呂の残り湯でOK!追い焚きして少し熱めにすると良い

クリーニングの手順

①洗濯機に50度ぐらいのお湯を高水位でためます。
②酸素系漂白剤を500g~1kgたっぷり入れる
③洗いだけコースで3~5分攪拌する
④寝るまでに2~3回、攪拌だけをする。
⑤一晩置いて、もう一度だけ、洗いだけを3~5分行い、排水、脱水までやる。このとき脱水までやると、洗濯層の裏側にこびりついた黒かびがはがれやすくなります。
⑥洗濯層にきれいな水を入れ、洗い、すすぎ、排水、脱水の洗濯コースをやる。

クリーニングはトータルで12時間くらいかかります

でも本当ビックリする程汚れが取れますよ!やる価値ありです。

クリーニングの動画

洗濯槽クリーニングの参考リンク

洗濯層の黒かび予防策

脱水が終わったらすぐに洗濯物を出すこと
フタを空けて中をかわかすこと
洗う物を洗濯機の中に入れっぱなしにしないこと

1





mdktさん

自分の好きなもの中心にまとめていってます。どうぞよろしくおねがいします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう