ポイントは、扇風機を「人が当たるための道具」だけではなく「気流を生み出す装置」としてガンガン回し続ける点です。人がいてもいなくてもずっと扇風機を回し続け、「取り込み外気」と「部屋の中の気流」の両方を絶やさずにいれば、しだいに室温は下がってきて、眠る頃にはなかなか快適になってくれます。

出典灼熱の部屋を涼しくする3つのテクニック | Lifehacking.jp

前へ