1. まとめトップ
143 お気に入り 231481 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kkksidさん

私を導くものは、真実への情熱だけだ。
あらゆる問題について、私はこの点から考える。

どこで死に襲われようと、われわれの戦いの雄叫びが誰かの耳に届き、われわれの武器を取るために別の手が差し出され、他の人たちが立ち上がるのなら、喜んで死を受け入れよう。

なんでもないアスピリン1錠でも、患者を思いやり、苦しみを自分のものにできる友人の手から与えられれば、患者にとってどんな意味をもつだろう。その大きさは、科学では測れない。

ある日の真実が、永遠の真実ではない。

国民に意思を伝えるためには、国民の一人となって感じなければならない。国民の欲するもの、要求するもの、感じるものを知らなければならない。

国民の英雄たるもの、国民から遠くはなれていてはいけない。高い台座に上って、国民の生活と無縁なところにおさまるべきでない。

指導者とは、人が自分と同じところまで追いつけるように誘導するものだ。ただ言葉で強いるのでなく、後ろにいる人たちを力づけて、自分のレベルまで引き上げようとするのだ。

もし私たちが空想家のようだといわれるならば、
救いがたい理想主義者だといわれるならば
出来もしないことを考えているといわれるならば
何千回でも答えよう
「その通りだ」と。

バカらしいと思うかもしれないが、真の革命家は偉大なる愛によって導かれる。人間への愛、正義への愛、真実への愛。
愛の無い真の革命家を想像することは、不可能だ。

私はキリストではないし、慈善事業家でもない。
キリストとは正反対だ。
正しいと信じるもののために、手に入る武器はなんでも使って戦う。
自分自身が十字架などにはりつけになるよりも、敵を打ち負かそうと思うのだ。

人が革命家になるのは決して容易ではないが、必ずしも不可能ではない。
しかし革命家であり続けることは、歴史上に革命家として現われながらも暴君として消えていった多くの例に徴するまでもなく、きわめて困難なことであり、さらにいえば革命家として純粋に死ぬことは、よりいっそう困難なことである。

世界のどこかで、誰かが蒙っている不正を、心の底から深く悲しむことのできる人間になりなさい。
それこそが革命家としての、一番美しい資質なのだから。

人間はダイヤモンドだ。ダイヤモンドを磨くことができるのはダイヤモンドしかない。
人間を磨くにも人間とコミュニケーションをとるしかないんだよ。

ただ一人の人間の命は、この地球上で一番豊かな人間の全財産よりも100万倍も価値がある。隣人のために尽くす誇りは、高い所得を得るよりもはるかに大切だ。蓄財できるすべての黄金よりも、はるかに決定的でいつまでも続くのは、人民たちの感謝の念なのである。

未来のために今を耐えるのではなく、未来のために今を楽しく生きるのだ。

明日死ぬとしたら、生き方が変るのか?
あなたの今の生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なのか。

人は環境によって抑圧される自身の人格を守り、汚れのないままでいようという願望をもつユニークな存在として、芸術的な観念に反応する。
それは逃避以外のなにものでもない。

これからは良い事をされたら100倍にして返せ!その代わり嫌な事をされたら100分の1にして返せ。

落ち着け、そしてよく狙え。お前はこれから一人の人間を殺すのだ。

1