1. まとめトップ

【豆知識】ディズニー映画にまつわる裏話

ディズニー映画には、色々な秘密が織り込まれています。

更新日: 2012年09月08日

209 お気に入り 447843 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kumataro_oさん

“ウォルト・ディズニーと秘密結社

ウォルトは、とある秘密結社の一員であり、そして何より、大のいたずら好きでもあったと言われています。
そのためウォルトは、自身の作品に秘密のメッセージや象徴をまぎれこませるのを好んだそうです。

そんなウォルトの気風を受け継いでか、ディズニー社の社員にはいまだに冗談好きで機知に富んだところがあり、アニメーション画家たちは社の作品に象徴をまぎれこませて楽しんでいる、とのことですが本当のところはどうなのでしょうね。

“リトルマーメードとマグダラのマリア

マグダラのマリアとは、イエス・キリストと親密な関係をもっている女性です。
小説『ダ・ヴィンチ・コード』では、レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』で、イエスの隣にいる女性こそ、このマリアだと物語っています。そしてもちろん、これらはかの有名な秘密結社とも深い関わりを持っています。
そんなマグダラのマリアの絵画が、アリエルの密かなコレクションの中に登場するのです。一体なぜなのでしょう?

“ライオンキングに出てくるSEXの文字

ライオンキングの中盤、シンバが崖の上から花粉を飛ばすシーンで、その花粉が『SEX』の文字を作っています。本来、SEXとは愛の象徴みたいなものですから、これはスタッフによる愛あるイタズラなのでしょうか?

“PIXARロゴに登場する電気スタンドの秘密

PIXAR映画に毎回登場する、電気スタンドのキャラクターは何者なのでしょう。
実はこの電気スタンドのキャラクター、名前もちゃんとあります。
その名は『ルクソー・ジュニア』。
PIXARが初めて制作した短編映画のキャラクターです。

ルクソー・ジュニアの産みの親はジョン・ラセター。
トイ・ストーリーを始め、数多くのヒット作を生み出した監督ですね。
ジョン・ラセターは3Dの技術を学んでいた頃、机の横にあった電気スタンドを見て作品を作ることを思い付いたそうです。

“ミッキーの指はなぜ4本?

実は、当時ミッキーが初めてアニメ化された頃、指を5本にする予定でした。
しかし、実際5本とすると問題が発生したのです。

その問題とは、映像技術が未熟で、5本の指をアニメで動かすと6本に見えてしまったこと。
さすがに愛らしいキャラクターの指が6本に見えてしまうのは少し気味が悪い。
このような理由から、指が4本となったのです。
また、5本指だとキャラクターの体系に合わないスラッとした指になってしまい、バランスが悪いということも理由の1つのようです。

“ポカホンタスは悪魔を引き寄せる?

始めに断っておきますが、ポカホンタスを見たからといって呪われるなどといったことは一切ありません。
「ポカホンタスはインディアンの現地語で悪魔を引き寄せる」と言う意味を持つというところから派生したことのようです。

しかしながら、インディアン側との見識の相違や、人種差別を象徴しているなどの見方もされており、風当たりが強いものとなっているのも否めません。
そういったことを踏まえた上で見てみると、また違った発見があるかもしれません。

“ミッキーの師匠はウォルト・ディズニー?

映画「ファンタジア」で、ミッキーは師匠の帽子をこっそり借りて魔法使いになります。
そして、この師匠こそがウォルトなのです。
ではなぜ、この師匠がウォルトなのでしょうか。秘密は名前にあります。
師匠の名前はイェン・シッド。スペルは『Yen Sid』。反対から読むと…。
ミッキーの師匠がウォルトというのも、なんだか夢がありますね。

“腰を痛がるスカー

ライオンの雄兄弟というのは、優劣や忠誠を確かめるためにマウンティングを行います。そしてその際には、挿入も行われます。1回はおおよそ20秒くらいとのことですが、50回以上続けるときもあるそうです。
それを踏まえた上で、ライオンキングを見てみてください。兄のムファサとの闘争のあとで、弟のスカーが「腰が痛い」と言っています。真偽のほどはあなたの目で!笑

“ピクサー映画に隠された謎の文字

ピクサー映画に、暗号のような文字が隠されています。その文字は『A113』。

A113は車のナンバープレートであったり、裁判所の法廷番号であったり、登場するのは作品の中でほんの数秒、気づかないことがほとんどです。一体この文字は何なのでしょうか。

その正体はカリフォルニア芸術大学の教室番号とのことです。
ピクサーの多くの作品を監督したジョン・ラセターなど、多くのピクサースタッフがカリフォルニア芸術大学を卒業しています。
一言でいうと、このA113は身内ネタ。A113教室に何か楽しい思い出があったのでしょうね。
ピクサー映画を見る際には、どこかにあるか探して見るのも面白いですね。

“映画「ターザン」に他作品のディズニーキャラが登場している

そのキャラクターとは、美女と野獣のポット夫人とチップです。
象がジャングルのキャンプ地に顔を出した時のカットの1つに、ポット夫人とチップの形をしたカップが一瞬出てきます。

1 2