1. まとめトップ

「スマホがあればパソコン不要?」実現させるアプリ集~Androidスマートフォン版~

用途の多様化&長時間利用となると「やっぱりパソコンじゃないと不便」というケースはまだまだ多数存在します。今回は「ソフトウェア面でのギャップを埋める」ためのアプリ紹介(アンドロイドスマホ向け)です。

更新日: 2014年09月05日

107 お気に入り 151914 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

dpartyさん

用途の多様化&長時間利用となると「やっぱりパソコンじゃないと不便」というケースはまだまだ多数存在します。

今回は「ソフトウェア面でのギャップを埋める」ためのアプリ紹介です。

※同テーマでのハートウェア編まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2134272099553648701

※ご自分のスマホでの動作可否についてはアプリ公式ページでご確認ください。
※動作確認済アプリのご紹介ですが、ウイルス対策は導入しておいてください。(オススメ対策ソフトは、まとめ最下部の関連まとめリンク参照)

■アンドロイドスマホでWord,Excel等の作業(作成や閲覧)をする

「スマホじゃなくてパソコンでやる作業」の代表的なものとして、WordやExcelを使った資料作成・閲覧が挙げられます。

最近のスマホであれば、標準のビューワーで閲覧は可能な場合もあります。

■AndroidのインターフェースをWindowsPCに近づける

「computer」というファイルマネージャーアプリによって、AndroidをWindows風に操作できます。

マウスやキーボードと併せて使う際に重宝します。

ハートウェア編の姉妹まとめをご参照ください。

「スマホがあればPCは不要?」実現に近づくアクセサリー集
http://matome.naver.jp/odai/2134272099553648701

■パソコン環境をそのままアンドロイドスマートフォンで使う

スマホとは別にパソコンを持っている必要があるので、テーマからは若干それますが、「外出先で家のPC並にスマホを使う場合」には適切なソリューションです。

TeamViewerのようなリモートデスクトップ(パソコンの遠隔操作)のためのアプリを、XiやWiMAXといった高速回線で利用すれば、「Windowsパソコンの遠隔操作」が快適に行えます。

スマホでパソコンを遠隔操作する場合、当然パソコンの電源が入っている必要があります。とはいえ、消費電力の比較的大きなパソコンを電源入れっぱなしというのはエコじゃないので「必要な時にスマホを使ってパソコンの電源を入れる」という運用が理想的です。

WOL(Wake on LAN)に対応したパソコンであれば、簡単なBIOS上での設定+スマホへのアプリ導入によって可能です。

新規にパソコンとスマホを購入する場合、PCとスマホ本体で10万円近く。比較的良い機種で揃えると20万円近くになります。

また、通信費もパソコン側・スマホ側それぞれで契約すると、月に1万円近くになってしまいますね。

「パソコンをスマホの代わりに使う」というのはかなり無理がありますが、「スマホをパソコン代わりに」であれば、今後のスマホ高性能化・通信の高速化・オプションやアプリの充実により、かなり期待が出来ますね。

■スマートフォン(Android,iPhone)関連まとめ

1