1. まとめトップ

知っておくと便利なSAIの小技集

上級者には当たり前かもしれませんが、案外知らないで使っている方も多いのでまとめてみました。

更新日: 2012年08月01日

297 お気に入り 66142 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

todai_さん

SAIで円を描く

■描き方■
①「曲線ツール」を選び適当な所をマウスで1クリックします。
②キーボードの「End」を1回押します。
③マウスを動かさずに同じ場所をも一度クリック。
④以下「②~③」を34回繰り返し。
 徐々に○が絵描かれてゆきます。
 (本当は33回で一周しますがここでは1回分多く重ねてます)

「②キーボードの「End」を1回押します。 」これはSAIのメニュー【その他】→【ショートカットキー設定】→【ショートカットキー割り当て】で好きなキーに割り当てることが出来ます。
自分はEndのキーが押し慣れていなかったのでF4に割り当てて使っています。

きちんとクリック出来てないと円にならないので確実にクリックしていこう

レイヤー移動

上級者にとっては当たり前の動作ですが、知らない人にはかなり作業時間の短縮になる小技です。

こちらがAのキャンバス

こちらがBのキャンバス

2つのキャンバスを並べるために縮小をします

キャンバスが並びましたね
BのレイヤーをドラッグしてAのキャンバスに持っていきます。

AのレイヤーにBのレイヤーが入りました。

ね、簡単でしょ?

ペン入れツールで集中線

少し手間がかかりますが、自分好みに調整できるので重宝している小技です。

目安になる中心点をつけます

ペン入れツール→折線で、中心点から外側に向かって適当に線を引きます(直線についてはショートカットキーで引く方法がありますがペン入れツールの方がわかりやすくて後の編集が大変楽なのでペン入れツールを使用しています)

「修正液」で不要な部分を消します

集中線らしくするために先を細くします(詳しくは画像参照)

SAIでブラー効果

フォトショップなどでよく見かける効果の1つをSAIで簡易的に再現することが出来ます。

画像のようにブラーブラシを作ります。

①空いているツールマスに右クリックをして水彩筆を選ぶ
②出来た水彩筆のマスをクリックし、

ブラシサイズ(任意)
最小サイズ 13%
ブラシ濃度 14
平筆 強さ100
【テクスチャなし】
混色 4
水分量 5
色延び 3

このような設定にする
(使い古している設定のため多少の誤差はあるかもしれません)

うっすらとぼんやりした効果が出せます

このような影の表現が出来ます

グロー効果も
(スクリーンの複製レイヤーはブラーブラシをかけています)

SAIで縁取り

上級者にとっては有名な小技です。

文字(縁取りしたい対象)を描きます
わかりやすいように下地に色をつけてあります

文字レイヤーに選択ツールを使う
領域検出モードはその時の絵によってお好みで。

メニューから選択範囲を反転させる

1 2