1. まとめトップ

力を合わせてタワーを築け!「新聞紙タワー」実践レポート【チームビルディング】

学期末に時間があったので新聞紙タワーを作成しました。そのときのレポートです。

更新日: 2012年08月02日

4 お気に入り 42590 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

dugajinさん

遊びながらチームビルディングを行います。
今回は自分が実際に行ったレポートを書こうと思います。

次回への反省や、今後の参考になればと思います。
非常に簡単なので、学校のホームルームなどで取り入れてはいかがでしょうか?

「新聞タワー」とは?

新聞紙6枚を使って,より高いタワーを作ることを目標にします。

制限時間は30分として,より高いタワーを作るように競争をさせました。

実際にやってみた

用意する物

今回はクラスを6班に分けました。
前回やったマシュマロチャレンジの失敗を反省して、今回は男女別の班を構成しました。
と言っても、座ってる席で適当に決めただけですがw

それぞれの班に対して、
 ・ 新聞紙6枚
 ・ セロハンテープ30cm
 ・ はさみ
を配りました。

やってみた

前回同様、昼休みを使って準備をして、ロングホームルームの時間にやってみました。
タイムスケジュールとしては、
〜5分 概要説明とチーム分け
〜35分 制作時間(30分間)
〜40分 計測、まとめと表彰、写真撮影
〜50分 掃除、片付け
という感じです。

本来のルールではセロハンテープを使わないで作成するのですが、難易度が高くなると思いセロハンテープとはさみを配布しました。

良かったところ

リーダーシップを取れる子がいる班は、天井まで届く立派なタワーができあがった。
前回のマシュマロチャレンジの時は細かく班を分けすぎて、リーダーが周りの人間を動かす、という事はあまり望めなかった。
今回は1班に6人程度いるため、リーダーの有無がそのまま結果に繋がった。

1学期の間を通して、彼らも成長したのだなと実感できた。

悪かったところ

新聞紙を使って遊びはじめた。
タワーを作る際に新聞紙を細く丸めるが、そのまま叩き合いを始めた班がいた。
新聞紙でカブトを作りはじめたときはどうしようかと思った。

どちらかというと、男の子の方が面白そうに取り組んでいた。
女の子はこういうのにあんまり興味無いのかなぁ。。。

結果

天井まで届く班が2班、これは両方男子だったのだが、机の上に乗って作成していた。
うまくいって良かった。
背丈くらいの班が2班、これは両方女子。
男女それぞれ1班ずつ、遊び回ってる班があった。まぁこれは仕方ないのかなと思う。
遊びでやってるのに怒鳴りまくって強制的にやらせるのもおかしな話だし。

天井まで届いた、自分で立つ物を作れた、という達成感があったんじゃないかなと思う。
もう少し動機付けをちゃんとやっておけば遊び回ることもなかったのかなと。

反省

おそらく、この手のチームビルディングは「振り返り」の行程が一番大切なのだと思う。
が、自分の力不足で、前回同様、今回も振り返りはできなかった。
今後、やり方について勉強をしていきたい。
やってみた感想とかを書かせて、それをクラス通信か何かに載せればいいのかな。
班ごとに集まって感想を発表させれば良いのか。
そうすると今度は50分じゃなくて2時間ぶっ通しでやってみようと思う。

2学期はまた別のレクをやってみようと思う。

1