Linux カーネルくらい巨大で複雑なプログラムになると、見ようとする者を威圧 するかのような感がなくもない。まるで辿るべき一端がなくて、解けない球状の 巻き糸のようである。カーネルの一部を見ていると、しばしばいくつかの他の関連 ファイルへと導かれて、すぐに自分で何を探していたのか分からなくなる。以下では、 節に付けた題名について、ソースツリーのどこを見れば最良かヒントを述べる。

出典The Linux Kernel: Linux カーネルソース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【ソース解析】linuxカーネルソースを読む 先人の苦労

Linux カーネルの開発者は高齢化が進んでおり、若い開発を惹きつけていない

このまとめを見る