・1 とりあえずカーネル変数を/porcを使って読み込んでいく
・2 並列処理を考慮に入れたLinux上のプログラミングを体験する
・3 ソーネルのソースを読んでみる
・4 カーネルの一部となる、スーパーバイザーモードで動くプログラムを作る
・5 システムコールの追加
・6 共有メモリ機能の変更
・7 仮想メモリ機構の理解とチューンナップ
・8 プロセス間の同期メカニズムである「イベント」について学ぶ
・9 スケジューラの変更
・10 プロセス間で利用するパイプをデバイスドライバとして実装
・11 ディスクドライバの変更
・12 ファイルシステムの作成

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【ソース解析】linuxカーネルソースを読む 先人の苦労

Linux カーネルの開発者は高齢化が進んでおり、若い開発を惹きつけていない

このまとめを見る