宮崎大学は、新潟大学との間で共同研究契約を結び、宮崎県の支援により、三鷹光器株式会社が開発したビームダウン式太陽集光装置を木花キャンパスに設置。今後、集光型太陽光発電や太陽炉で太陽電池の原料となる金属シリコンを製造する研究や、太陽熱による水素製造に関する新潟大学との共同研究などが予定されているということです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

GreenPost 35号- しなやかな技術研究会 2012/8/15-20日版

自然エネルギー 適正技術 クラフト - 繊細にして強靭、そして”手”をイメージした技術に関する情報収集および発信----- GreenPost -Heuristic Life- 発見的生活の提案

このまとめを見る