1. まとめトップ

五輪選手293人中、150人以上がロンドンに持ち込んだ 噂の寝具『エアウィーヴ』

今や、スポーツ選手が海外遠征に欠かせないモノは、梅干しでもパソコンでも好きな音楽の入った音楽プレイヤーでもありません。ロンドンオリンピック選手の間でも大ブームを巻き起こしている「エアウィーヴ」なのです。この寝心地バツグンのマットレスパッドについてまとめてみました。

更新日: 2012年09月01日

245 お気に入り 271589 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

honooさん

▼ ロンドン五輪日本選手から絶大な支持を受けたマットレスパッド

ロンドンへ向かった代表選手293人のうち、半数以上が『エアウィーヴ』を愛用する。

※実際にはロンドンのマルチサポートハウス経由で「エアウィーヴ」が各選手に渡されています。

▼ エアウィーヴとは

エアウィーヴの、weaveとは英語で【編む】という意味。エアウィーヴは、独自に開発された新素材の極細繊維状樹脂を3次元的に絡みあわせて溶接、立体的な構造です。 そのため、寝返りが楽になり、疲れがとれやすいのが特徴です。 またマットレス内部に湿気がこもらず、年間を通して同じ寝心地を維持します。その結果、まるで空気の上で眠っているような快眠環境をもたらすのです。

■□ エアウィーヴ 4つの特長 □■

復元性が高いため、体の動きにスムーズにマットレスパッドが反応し、反発するために楽に寝返りができます。自然な寝返りを妨げないことで、熟睡をサポートします。

3次元に絡み合ったエアウィーヴの素材があらゆる方向から体を支えるため、均等に体圧を分散できます。

中のエアウィーヴ素材の90%以上が空気のため、通気性抜群で蒸れることがありません。また、空気断熱にも優れ、体温を逃がさないため、冬は温かさを保ちます。

外カバーだけでなく、中のエアウィーヴ素材まで水洗いできるので、いつでも清潔に保てます。 カビ・ダニの心配もいりません。

▼ ヒットのきっかけは2010年バンクーバー五輪

転機となったのは2010年のバンクーバー五輪。
腰痛で苦しむ上村愛子などモーグル選手団の使用によって噂は一気に拡散。選手団94名中、7割以上の70名が選手村に『エアウィーヴ』を持ち込むことに!

▼ イメージキャラに浅田真央さんを起用してから、さらに広がる

浅田さんは3年前からの愛用者。
大会に向かう空港で手の甲に「マットレス」という文字が書かれていたのをテレビカメラがキャッチ。『エアウィーヴ』を遠征先に持っていくのを忘れないためのメモであることが話題を集めていました。

▼ 今ではスポーツ選手のみならず、消費者も愛用!注文から納品まで2ヶ月かかる人気ヒット商品に!

▼ 製品は、さすが品質が良いだけに少々割高

▼ 楽天などでも販売

▼ ちなみにロンドン五輪で用意されたのは、1年以上かけて開発された「アスリート特殊仕様エアウィーヴ」

■ 「エアウィーヴ」を開発・製造した会社

1