1. まとめトップ

米ウィスコンシン州のシーク教寺院で6人を撃ち殺した男は、40歳のネオナチだった。

一言でいえば、ハマースキンズでした。ネオナチのロックフェスとかに出てるバンドのフロントマン。@Intelwireと@GregMitchというふたりのベテランジャーナリストのツイートとRTを中心に、大量の情報を何とか整理したいと思います。

更新日: 2012年08月08日

nofrillsさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 4734 view
お気に入り追加

事件

アメリカでまた銃乱射事件です。中西部ウィスコンシン州にあるシーク教の寺院で5日、男が銃を乱射し、6人が死亡しました。

ウィスコンシン州のミルウォーキー南部にあるシーク教の寺院で、5日午前10時すぎ、男が押し入り銃を乱射しました。当時、寺院には日曜日の礼拝のため多くの信者が集まっていて、地元の警察によりますと、少なくとも6人が死亡しました。

寺院の長らを真正面から銃撃して殺した犯人は、最終的には、警察の発砲に倒れて死亡。現場にいた人々が「白人の男」、「40代」、「がたいがよかった」、「白いTシャツに黒のミリタリー調ズボンだった」などと語り、当局は「国内テロ」の線で捜査すると公にしているというのに、犯人の身元については沈黙、写真も公開されなかった。

ただ、捜査筋から唯一、「男は9-11をテーマにした刺青を入れていた」ということが、「国内テロ」の線でいくという決定の背後にあった、という細かい情報が流されてはいた。

それでも、男と極右組織との関連については明確なものは見当たらない、などと説明されていた。

それが「時間稼ぎ」でなかったとは、どうしても思えない。

現場は同州の主要都市ミルウォーキーの中心部から南に約18キロの位置にある。容疑者は警官との銃撃戦の末、射殺されたが、身元、動機などは分かっていない。単独犯とみられている。
 容疑者は髪の毛をそったスキンヘッドの白人の男で、腕に9・11米同時テロを意味する入れ墨があったとの目撃情報が出ている。捜査当局は宗教に対する差別に基づいた犯罪の可能性もあるとみて捜査しているもようだ。
 寺院内で4人、容疑者を含む3人が寺院の外で死亡した。さらに銃撃を受けて負傷した警官を含む3人が病院に搬送された。いずれも重体という。
 今後、米連邦捜査局(FBI)主導で捜査が進められ、……

シカゴ時事
2012/08/06-11:21

かなり時間が経過してから、銃撃犯の身元が明らかに

He is Wade Michael Page, and as previously reported, an Army vet. "Multiple sources tell CBS News that Page was a former member of the U.S. military, but he was no longer serving actively. It was not immediately clear under what circumstances Page left the military. ...

「彼はウェイド・マイケル・ペイジ。既に報道にあった通り、陸軍の退役軍人だ。『複数の筋がCBSニュースに語ったところによると、ペイジは元米軍人。ただし既に軍関係のこととは無縁になっている。ペイジがどのような状況で軍を離れたのかは現時点では不明である。」

... Officials had previously described the suspect as a heavy-set, 40-year-old Caucasian with numerous tattoos. Sources tell CBS News some unspecified evidence suggests race or ethnicity may have played a role in the violence, but no links to extremist groups have been confirmed."

「関係者はこれまでに、容疑者はがっしりとした体つきで40歳の白人であり、多数の刺青を入れていると説明していた。CBSニュースに(複数の)ソースが語っているところによると、具体的にはどういうものか不明だが、人種・民族がこの暴力に役割を果たしたかもしれないと示唆する証拠があるという。ただし過激派集団との関連は、確認されていない』」

Records show that Page was the registered inhabitant at an apartment in South Milwaukee from December 2011 until the present.

CBS News correspondent Ben Tracy reports Page is only believed to have lived at the residence for two weeks, according to neighbors.

"Nobody has really seen him," neighbor Alma Rayes tells CBS News. "We heard here and there that they've been doing a lot of arguing, between him and another female, but I haven't seen him."

いわく、記録上、ペイジはサウス・ミルウォーキーのアパートメントに2011年12月から居住していることになっているが、CBSが近所の人に取材したところ、本人は2週間くらいしかそこで暮らしていない。「誰も姿を見かけたことがないといってよい状態だ」と隣人の1人は語っている。「その人と、もうひとり女性との間で言い争う声がよくするね、という話はあちこちで耳にしていたが、私はその人の姿を見たことはない」

Page was discharged honorably from the Army in 1998 after six years of service. He had been a Hawk missile repairman and a “psychological operations specialist,” said the defense official who asked for anonymity to release the details.

※ほかの報道をみると、最初はミサイルの修理をしていて、次に心理戦の仕事に回されたようです。

そして顔写真も明らかに……

- 武器の入手は合法

Page was shot dead by police when he was ordered to drop his weapon and began firing at them instead.

「ペイジは、警察に銃を置けと命令されたときに警察に向かって発砲し、射殺された」

... Page legally purchased the 9mm handgun with multiple ammunition magazines, he used during the rampage. The weapon bought at The Shooters Shop in West Allis, Wisc., sources told ABC News.

「ペイジは銃と弾薬は合法的に購入」、「買った店はウィスコンシン州ウエストアィスのShooters Shop」との情報。

Page was issued five pistol-purchase permits in 2008 in North Carolina, paying a $5 fee for each.

...

Page did not have the additional permit needed to legally carry a concealed weapon.

「ペイジは2008年、ノース・カロライナで、拳銃購入許可証5通の発行を受けた。費用は1通5ドルである」(安っ)

「ペイジは、武器が外から見えないような形で携行することの許可は、取っていなかった」

- 除隊の経緯

Page was described by authorities today as an Army veteran who left the service with a general discharge following a "pattern of misconduct," including being AWOL and drunk while on duty. The terms of his discharge would not allow him to reenlist.

「(容疑者の)ペイジは、当局によると、陸軍の退役軍人で、除隊の理由は無断外出、任務中の飲酒など『常習的不品行』による一般的な除隊。二度と軍務に戻ることはできないという条件での除隊であった。」

※この前の段階で言われていた「名誉除隊 discharged honorably」とは話が違うように見えるかもしれませんが(再度のエンリストができないというのは、「不名誉除隊」すれすれのように思われる)、dishonourableかhonourableかの二択では後者で、その大きな違いは、軍を辞めた後で武器の所持ができるかどうか。ペイジは武器の所持はできる形での除隊。

@JimmySky @intelwire @timmathews a general under honorable conditions is one tier lower than honorable and Norfolk is packed with them (1/2)

a general under honorable conditions < honorable

@JimmySky @intelwire @timmathews with a general, you can own a firearm, enroll in the GI Bill, get decals, a VA loan and use USAA, etc (2/2)

除隊の制度についての詳しい説明(上の続き)

@JimmySky @intelwire @timmathews having a general is also, surprisingly (but not to me) not a adverse qualifier for adjudicating a clearance

というわけで、generalで除隊になるのはそうでないのより悪いのだが、generalがついていても銃器所持には問題とはならない。

@timmathews @jimmysky @intelwire with a general, you usually get an RE-4 code on your -214, which bars reenlistment for life.

詳しい説明。

@natlsecuritycnn said he was discharged for pattern of misconduct, which is an ADSEP, worst he could get is OTH. @timmathews @intelwire

これも制度の説明。(さっきから略語ばっかりで意味がわかりませんね。)

Suspected Sikh temple shooter was discharged from Army after demotion latimes.com/news/nation/na…

「銃撃犯は降格されてから除隊となった」というLA Timesの記事。
http://www.latimes.com/news/nation/nationnow/la-na-nn-sikh-temple-shooter-discharged-demoted-army-20120806,0,6159499.story

“While in the Army, Page was demoted from sergeant to specialist and was not granted an honorable discharge when he left the service.”

Page, 40, served in the Army from April 1992 through October 1998, during which he was demoted from sergeant to specialist.

While in the Army Wade served in Ft. Bliss in Texas and at Ft. Bragg in North Carolina. Wade's job was as a Hawk missile system repairman, and he then became a psychological operations specialist, defense official confirmed to ABC news.

「ペイジは40歳。陸軍にいたのは1992年4月から98年10月までで、その間に軍曹から特技兵に降格されている。軍にいる間はテキサス州のフォート・ブリスとノース・カロライナのフォート・ブラッグに勤務。仕事はホーク・ミサイル・システムの修理工だったが、その後、心理作戦特技兵になった、との事実を国防当局者がABCニュースに認めた」

1 2 3 4 5 6





作った「まとめ」の一覧は:
http://matome.naver.jp/odai/2133787881446274501

※基本的に、ログを取ってるのであって、「まとめている」のではありません。