2010年10月12日の韓国との「国際親善試合」での出来事。ヘディングでハイボールをクリアした際に韓国MF李青龍の体当たりを背後から受け、空中でバランスを崩したまま着地。右上腕骨骨折で全治3カ月。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

サッカー日韓戦は怪我人続出!―これまで韓国戦で負傷した日本選手達

ロンドンオリンピック(五輪)男子サッカー3位決定戦で戦うことになったU-23の日本代表と韓国代表。「韓国と試合すると怪我する」という声をよく見かけて気になったので、今までどんな選手が韓国との試合で怪我してきたのか簡単に調べてみました。※新たに見つかったら追加します。

このまとめを見る