6日にも仁川ユナイテッドFCと大宮アルディージャは練習試合を行ったが、仁川側のラフプレーが目立ち主審が試合を途中で終了させた。さいたま新聞によると「仁川の悪質な反則が目立ち、前半に奥野が右太ももを痛め交代。後半も初出場の小林慶が相手のスパイクで右目上を裂傷し選手同士がもみ合った。その後も後方からのタックルが横行し、40分に片岡がひざげりを受けた」という(http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1170736441/)。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

サッカー日韓戦は怪我人続出!―これまで韓国戦で負傷した日本選手達

ロンドンオリンピック(五輪)男子サッカー3位決定戦で戦うことになったU-23の日本代表と韓国代表。「韓国と試合すると怪我する」という声をよく見かけて気になったので、今までどんな選手が韓国との試合で怪我してきたのか簡単に調べてみました。※新たに見つかったら追加します。

このまとめを見る