1. まとめトップ

後手後手の学校や教育委員会を尻目に凶悪化するいじめ

感情がある限り集団生活ではどうしても起きてしまう「いじめ」。しかし発覚しても多くの学校や教育委員会は、いじめが存在しても無視し表ざたにはしたくないケースが多く見られます。

更新日: 2017年07月30日

10 お気に入り 48560 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

<取手中3いじめ>市教委、自殺隠す 「突然の死」と説明

茨城県取手市で2015年11月、市立中3年の中島菜保子さん(当時15歳)が自殺した問題で、同市教委が自殺の直後、生徒や保護者らに自殺と伝えない方針を決めていたことが分かった。両親は死亡の5日後にいじめが原因と疑い調査を求めたが、市教委は自殺と伝えないまま生徒へのアンケートなどを実施。「いじめは無かった」と結論づけていた。

毎日新聞の情報公開請求に市教委が開示した学校の緊急報告書などから判明した。菜保子さんは11月10日に自宅で自殺を図り、翌11日に死亡。学校が同日、市教委に提出した緊急報告書には「自殺を図り救急車で運ばれた」と書かれていた。ところが市教委は同日夜の臨時会合で、生徒らには自殺の事実を伝えない方針を決定。校長も12日の全校集会で「思いがけない突然の死」と説明し、その後の学校の報告書などでも「死亡事故」と表記した。生徒の自殺があった場合に開催する臨時保護者会も開かれず、自殺は対外的に伏せられた。

両親の要望を受けた学校は15年12月、菜保子さんには触れずに全校アンケートを実施。市教委は3年生にヒアリングをした際、菜保子さんに触れたが、自殺とは明かしていなかった。

 市教委は16年3月、アンケート結果を基に自殺は「いじめによる重大事態に該当しない」と議決。直後に記者会見を開き、自殺があったと明らかにした。市教委は事実関係を認めた上で「遺族の意向と受験を控えた生徒らへの影響を考えた当時の判断は適切だった」と回答した。

■いじめ?高2女子自殺 クラスメートにLINEで「あんたたちのせい」

北九州市の私立高校2年の女子生徒=当時(16)=が4月に自殺していたことが26日、学校への取材で分かった。自殺前、LINE(ライン)で同じクラスの女子生徒に「私に何かあったらあんたたちのせい」「後悔しても知らん」といったメッセージを送っており、学校はいじめの有無を調査する。

 女子生徒は同じクラスなどの3人の女子生徒と仲が良かったが、このうちメッセージを送った1人と昨年11月中旬ごろにトラブルとなり、関係が悪化していたという。生徒のアンケートでは「終業式で写真を撮る時、わざと写らないようにされていた」といった情報が寄せられたという。

■会津の女子高生いじめ自殺、教頭ら4人処分 福島県教育庁

福島県会津地方の県立高校で平成27年9月、いじめを受けていた2年生の女性生徒が自殺した問題で、県教育庁は26日、適切な対応を怠ったとして、当時の教頭ら4人を文書訓告などの処分とした。

 記者会見した大沼博文教育次長は「何事にも代えがたい1人の生徒の命が失われ無念。県民の信頼を裏切る結果になったことをおわびしたい」と述べた。他に処分を受けたのは部活動顧問、学年主任、生徒指導主事(いずれも当時)。

 この問題をめぐっては、県教育委員会が設置した第3者委員会が28年2月、部活動で女子生徒へのいじめがあったが、自殺との因果関係は認められないとの報告書を公表。

■いじめなど原因の自殺=奈良の高1転落死-第三者委

奈良県生駒市の県立奈良北高校で2015年12月、1年生の男子生徒=当時(16)=が校舎から転落死した問題で、県教育委員会は21日、第三者委員会による調査報告書を公表した。報告書は、他の生徒からのいじめのほか、本人の喫煙に対する学校の特別指導などで追い詰められ、自殺したと結論付けた。

生徒は15年12月4日午前、期末テスト中に「トイレに行きたい」と言って教室を出た後、校舎4階の窓から転落し死亡した。
 報告書によると、生徒はLINE(ライン)のクラスのグループから排除されたほか、やゆする発言などのいじめを受けた。また、たばこを吸ったなどの理由で3回の特別指導を受け、「退学に追い込まれる」と感じていたとみられる。自殺直前にもカンニングを疑われるトラブルがあったという。
 報告書は、教員らは機会があったのに生徒の心身の苦痛に気付くことができず、いじめに対する理解も不足していたと指摘。早期発見や情報共有のできる体制づくりなどを提言した。
 生徒の両親は代理人弁護士を通じ、「息子の死を無駄にしないよう、教員の皆さんは問題点を受け止め、今回の教訓を胸に刻んでほしい」とコメントした。(

■新潟・新発田の自殺 遺族は調査に「十分満足できない」

6月25日に自殺した新潟県新発田市の市立中2年の男子生徒(13)がいじめを受けていたと市教育委員会が3日発表し、記者会見に初めて姿をみせた中学校の校長は「いじめを見抜けなかったのは校長としての指導力不足。本当に申し訳ない」と謝罪した。これまでの調査内容を市教委から3日に伝えられた遺族は「十分満足できない」と調査の継続を望んでいるという。

 当初、学校側は「重大ないじめは確認できていない」としていたが、生徒への聞き取り調査などから、いじめの事実が判明。5月ごろ以降、複数の生徒があだ名や悪口などを言って男子生徒をからかう様子を何人もが目撃していた。

■中2男子が自殺=いじめ訴え、調査-新潟・新発田

新潟県新発田市教育委員会は26日、家族にいじめ被害を訴えていた市内の公立中学校2年の男子生徒が自殺したと発表した。市教委は第三者委員会を設置して経緯や原因を調べる。
 市教委によると、生徒は25日朝、自宅の作業小屋で首をつった状態で発見され、死亡が確認された。遺書は見つかっていない。23日夜、家族に「クラスに入っていくと雰囲気が変わる。全員に仲間外れにされている。いじめられていると思う」と訴えていた。学校への相談などはなかったという。
 学校は2年生全員から個別に事情を聴くなど調査し、第三者委に結果を報告する。記者会見した大山康一教育長は「重大事態と捉え、遺族の意向を尊重しながら迅速に対応したい」と述べた。(

■遺族に寄り添ってない…いじめ調査で文科省苦言

文部科学省は7日、都道府県教委や政令市教委の生徒指導担当者を集めた会議を同省で開いた。

冒頭、坪田知広・同省児童生徒課長は「いじめによる自殺が後を絶たない深刻な状況が続いている。遺族に寄り添った調査ができていない」と述べ、いじめ防止対策推進法の理解の徹底などを求めた。

 会議には約150人が参加。坪田課長は、2015年に茨城県取手市の市立中3年の女子生徒が自殺した問題や、今年4月に仙台市の市立中2年の男子生徒が自殺した問題に触れ、「法に基づくいじめの重大事態の調査がしっかりできず、誤った対応をした」と教委を批判した。

 取手市の問題では市教委がいじめによる重大事態と認定するのが遅れ、仙台市の問題ではいじめに加え、教員が被害生徒に体罰を行っていたことが判明するなど、教委や学校側の問題が指摘されている。

■私立高校でいじめ=男子バレー部員6人停学-山形・米沢

山形県米沢市の私立米沢中央高校の男子バレー部内でいじめがあり、加害者側の2~3年生6人を5月30日付で停学に当たる「特別生活指導」としていたことが3日、同校への取材で分かった。被害に遭った1~2年生の5人は現在も通学しているが、うち1人は退部の意向を示しているという。

 同校によると、加害者側の部員はキャプテンと主力メンバーが中心で、現在はほかの生徒とは分かれて生活指導を受けている。同校のバレー部は全国大会出場経験もあり、県内でも強豪。

 いじめは昨秋ごろ、部内でのトレーニング方法をめぐるトラブルをきっかけに始まった。今年度に新入部員が加入してからも、暴行したり飲食物をおごらせたりしていたという。5月22日、2年生の部員が鼻血を出しているのに気付いた部外の生徒が学校に伝え、発覚した。佐藤俊典教頭は「どんな形であれいじめは許されない。万全を期して再発を防止したい」と話している。

■自殺中2の口に粘着テープ 教員2人が体罰、仙台 いじめ被害訴え

いじめ被害を訴えていた仙台市立中2年の男子生徒が4月に自殺した問題で、市は19日、授業中に生徒の口に粘着テープを貼るなど、教員2人が体罰を加えていたと市議会に報告した。

市によると、粘着テープを貼ったのは1月。「生徒がうるさくしていたため」としている。もう1件は生徒が自殺する前日の4月25日で、授業が終わる際に生徒が寝ていたため、教員が頭をげんこつでたたいた。

 今月18日、別の生徒の保護者が教員による体罰を学校側に報告。市教委が確認し、教員2人の体罰が裏付けられた。

 学校は2日から、自殺の背景を調べるため全校生徒を対象にアンケートを実施し、取りまとめを進めている。男子生徒は4月26日に自宅近くのマンションから飛び降りて死亡。学校側は机に「死ね」と書かれたことを把握、いじめがあったとの認識を示している。

■小5女児自殺、いじめ調査へ 兵庫・多可町

兵庫県多可町で今月、小学5年生の女の子が自殺していたことがわかった。多可町はいじめの有無などを調査するため、第三者委員会を設置した。

 教育委員会によると、今月1日、多可町の町立小学校に通う小学5年生の女の子が自宅で自殺を図り、翌日、死亡した。事態を重くみた教育委員会は18日夜、女の子が通っていた小学校で保護者説明会を開いたという。

 町の聞き取りを受けている学校側は「いじめは把握していない」と話しているということだが、町はいじめの有無や原因を調べるため、第三者委員会を設置した。

 この小学校では児童に対し、定期的に「お友達アンケート」と呼ばれる調査を実施しており、いじめの有無などを調べていたという。

■同級生「人間以下」 ズボン下げられ… 仙台の中2自殺

いじめを訴えていた仙台市立中学2年の男子生徒(13)が自殺した問題で、男子生徒が昨年、同級生から「人間以下」などと言われたり、ズボンを下げられたりするいじめを受けていたことがわかった。仙台市教育委員会は、いじめの内容などを詳しく調べる。

 市教委によると、男子生徒は校内で行った昨年6月のいじめ調査のアンケートで、自由記述欄に「悪口を言われた」などと記入していた。担任が確認すると、「人間以下」や、臭いを連想させる動物名などの言葉を浴びせられたと訴え、同級生4人が関与を認めたという。11月のアンケートの際も、同級生からズボンを下げられ、周囲から冷やかされたなどと担任に訴え、同級生が認めたという。

その後、学校はこうした状況が「一定期間、見られない」との報告を市教委にしていたが、男子生徒は今年4月26日に自殺した。

 市教委は4月29日の記者会見でいじめの存在を否定したが、今月1日になって大越裕光・市教育長が「過去にいじめがあったことは事実」と認めた。

 いじめがその後も続いていた恐れがあることから、市教委は2日、この中学の全校生徒を対象にいじめなどに関するアンケート用紙を配布。教諭らにも事情を聴いて詳しく調べる。文部科学省からは、いじめの重大事態として対応するよう指導を受けたという。

 奥山恵美子・仙台市長は2日、いじめと自殺との因果関係について報道陣に問われ、「断定できるほどの情報を持ち合わせていない」としたうえで、「いろんなケースが考えられるので決して無視できない」と述べた。

■<仙台・中2自殺>校長、いじめ認める 保護者に経緯説明

仙台市の市立中学2年の男子生徒(13)が自殺した問題で、生徒が通っていた学校の校長が1日夜に記者会見し、「男子生徒へのいじめがあったのは事実」と述べ、いじめの事実を初めて認めた。同市立中の生徒がいじめを受けて自殺したのは、2014年以降3件目。

 同校は1日午後7時過ぎから、保護者説明会を非公開で開き、男子生徒が自殺した経緯などを説明。終了後に校長らが記者会見し、学校がいじめの事実を昨年5月に把握し、同12月までに計5回確認。机に「死ね」と書かれていたこともあったというが、「問題は解消した」として、今年4月に就任した校長に引き継いでいなかった。

 また同校は1日、男子生徒が今年2月に校内で走り回っていた際、別の生徒の足が引っかかって転倒し、手首を骨折していたことを明らかにした。

1 2 3 4 5 ... 15 16