1908年のロンドンオリンピックでは一瞬でも両肩が付いたらフォールとなる瞬間フォール(タッチフォールとも)を採用していたが、1960年のローマオリンピックから改正された。現在のフォールはピンフォールと呼ばれる。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

5分でわかる、レスリング<フリースタイル>のルール

アマチュア・レスリング、フリースタイルのルールを簡単にまとめました。|ビッグポイント、ラストポイント、チャレンジ、新ルールまとめ、ルール変更:3分2ピリオドのトータルポイント制、テイクダウンしてバックを取ると2点、全ての投げ技が4点

このまとめを見る