運行車両には、AED(自動体外式除細動器)やドライブレコーダー、MCA無線、運転注意力モニター「MDASⅢ」等の安全運行に必要な各種機器を搭載し、外国人旅客に対応するための複数言語表示の車内液晶表示器等、ポーターサービス(一部停留所)、バス運行情報をお知らせするバスロケーションシステム、Wi-Fi(無線 LAN)サービスを導入するなど、安全・快適にご利用いただくための工夫を施した仕様となっています。

出典京成バス平成24年6月28日付プレスリリース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

片道900円!成田空港・東京駅間格安バス「 東京シャトル 」

成田空港の国内線LCC(ジェットスター・エアアジア)就航に合わせて運行を開始した格安リムジンバス(高速バス)、東京駅〜成田空港間の「東京シャトル」(京成バスなど4社共同運行)。所要時間70分前後。便数も増え、早朝便(ジェットスター・バニラエアなど)に間に合う便や成田空港発も増発されより便利に。

このまとめを見る