1. まとめトップ

p2p通貨 Bitcoinビットコインの仕組みと問題点

Bitcoinは極めて低いコストでの決済(およびマイクロペイメント)を権力機関や発行者無しで平均10分程度の待機によって可能にする。金融

更新日: 2016年06月25日

twcritiqueさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
43 お気に入り 148639 view
お気に入り追加

「貨幣も金も同じだが、価値の根本はネットワーク効果でみんなが使うか使わないか。息の長い現象、社会インフラのひとつにまで発展するかはユーザー数の伸びにかかっている。それを決めるのは当局の規制ではなくニーズだ。読み切れないが、6割くらいの確率で広がると思っている。ただ、そうなれば既存の銀行やクレジット会社の収益基盤が大きく損なわれるリスクも出てくる」(万福博之)

Bitcoin (ビットコイン) は2009年に作られた電子マネーである。中本哲史による論文に基づいている。

今日、外国為替が多様化しつつあります。外国為替市場は抽象的な概念だと言いましたが、通貨自身がコンピュータとインターネットの中にしかない仮想通貨も登場しています。その一つが今話題の「ビットコイン(Bitcoin)」です。

Bitcoinは極めて低いコストでの決済(およびマイクロペイメント)を権力機関や発行者無しで平均10分程度の待機によって可能にする。

ノードから別のノードへの貨幣の移動は電子署名された取引で行われ、P2Pネットワーク内の全てのノードにブロードキャストされる。初期の通貨流通や、二重支払いの検知のためproof of workシステムが用いられている。

ビットコインの採掘はビットコインマイニングと呼ばれ、その数値列を「発見するソフトウェア(ビットコインマイナー)」と「数値列をネットワークに送信するソフトウェア(ビットコインサーバー)」のペアによって誰でも行うことが出来ます。どちらもフリーソフトです。

ビットコインの価値の源
ビットコインは多くより支払いの方法として利用されているため価値がある。

貨幣の価値が金からくるのは、貨幣で金を購入できるという約束があるからである。ビットコインはお店などの商品価格が価値の源となっている。商品価格は同等の貨幣との交換が約束されている。

トランザクションの確認手続きは、計算科学的に難しい問題を解くことによって行われる。この行為は英語でmining日本語で採掘と呼ばれそれを行うためのソフトウェアが存在する。代表的な物として、"GUIminer""CGminer"などがある。

”ビットコインはバブルだ”とビットコイン自身も説明する

ビットコインはバブルか?

はい、ユーロやドルがバブルなのと同じです。為替としての価値があるだけで、そのもの自体の価値はありません。もしある日突然ドルやユーロやBitcoinが通貨として受け取られなくなると、バブルがはじけてその価値はゼロに暴落します。でもそれはほぼ起こりえない事態です。政府が20年前に崩壊したソマリアでさえ、ソマリア・シリングは今でも支払い手段として受け付けられています。

ソマリアでは、内戦で中央政府が崩壊して以降、大量の偽札が出回っており、紙幣の価値は急落(ハイパーインフレーション)した。現在ソマリア国内では、ドルやユーロ、サウジアラビア・リヤルが主に流通している。

米外交専門誌のフォーリン・ポリシー(電子版)2007年6月12日版では、北朝鮮のウォン、ベネズエラのベネズエラ・ボリバル、イラクのイラク・ディナール、ジンバブエのジンバブエドルとともに世界で最も価値が低い通貨に選定された[1]。

天才数学者が発明した?

Bitcoinの発明者は京大の天才数学者・望月新一氏か

この仰天の発言が、米コンピュータ学者のテッド・ネルソン氏から飛び出した。このたび自身がウエブ上に公開した動画で明らかにしている。

”民主的な”通貨と国家(主にアメリカ)との軋轢

米司法・金融当局がネット上の送金などに使われるデジタル通貨への警戒を強めている。3月には業者らに対する規制指針を公表し、5月には日本企業の関連先の口座や巨額のマネーロンダリング(資金洗浄)に関与した業者を相次いで摘発。法の目をかいくぐる資金の流れを遮断する姿勢を明確にした。

米国土安全保障省は、法的措置に踏み切り、Dwollaの決済サービスでのBitcoinに関する取引を停止させたことを認めた。

システムとしてのビットコイン

電子マネーの一種であるビットコインでは中央銀行など通貨制度が未整備もしくは不安定な地域の場合、その外の民間機関がウェブ上で提供する決済システムの有効性が指摘されている。しかし、それは決済すステムにおける今日的な課題に十分に応えるものではない。

貨幣発行の自由化は決済手段の多様化である。決済は債権債務関係の解消を意味する。中でも電子マネーは電子情報の交換による決済であり、将来性が期待されている。決済システムにおいて重要なのは効率性と安全性である。決済にはリスクが伴い、信用リスク、流動性リスク、オペレーショナル・リスクなどがある。また、決済システムは多くの現代的な課題に直面している。IT技術の高度化、国際化と標準化、国際的な金融市間の競争の激化、取引規模の拡大などが挙げられる。

過去1年間で、コインベース社、コインセッター社、そして、コインラボといった新興企業は、著名なベンチャーキャピタルやエンジェル投資家(創業間もない企業に初期の事業資金を提供する投資家)から何百万ドルもの資金を調達した。これによって、中央銀行の裏付けのないデジタル通貨への信頼度が高まっている。

8日にはサンフランシスコに本拠を置くコインベース社が、簡易ブログのツイッターに投資するユニオンスクエア・ベンチャーズ社などから500万ドル(約4億9500万円)の出資を受ける予定で、過去最大のバリデーション(認知、妥当性確認)を獲得する。

男性は野口がブログで書いたビットコインの記事に興味を持っていた。聞けば昼は会社員、夜は「ビットコインの整備人」だという。

 「あのシステムは本当に美しい」。ワイン片手に2人で金融の難しい理論を話し込んだ。

ネット上に生まれた、政府も中央銀行も関係ない独自のお金「bitcoin(ビットコイン)」。貨幣論が専門の国際基督教大学の岩井克人客員教授(66)は「皆が貨幣として認めれば十分お金として流通する」と説く。

Bitcoinとヴェルグルとの間には重要な違いがある。どの政府もBitcoinの印刷プロセス(これは必ずしも比喩ではない)を止めることができない。そして、それこそがこれまでBitcoinが成功している理由だ ― 長きにわたり法定通貨を憎悪し、金本位制復活を望んできた多くの無政府主義者や自由主義者たちが、これに群がった結果、実際にBitcoinが価値を持っている。

ツイッター社、米国のゲーム企業「ジンガ(Zynga)」、クリエイティブ活動を支援する米国の民間非営利企業「Kickstarter」に投資してきたフレッド・ウィルソン(Fred Wilson)氏が、ビットコインに投資をしたのである。

1 2 3 4 5





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

いつもお気に入りいただきましてありがとうございます。

このまとめに参加する