1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

自転車は、じつは下半身の筋肉を効率よく鍛えるのに最適な乗り物。単に手軽な移動手段というだけではないのです。
アンチエイジングに効果的

じつは全身の筋肉の7割が、下半身に集まっています。下半身の筋肉が弱ってくると、一気に老化が加速します。

自転車をこぐことで下半身が鍛えられ、同時に体の隅々にある毛細血管に血液が行き渡るようになります。

:コーヒー

適度なカフェイン摂取は血流を促進し、お肌を明るくして活力を与えてくれます。朝起きて、お化粧前に一杯のコーヒーを飲む方もいるかもしれませんが、実は効果的な美容法だったんですね。ただし、飲みすぎは睡眠不足や歯の変色などにもつながるのでNGです。

:乾きやすい部分にはハチミツで重点ケア

とくに乾燥しやすい冬は、目元や口周りなど肌が繊細なエリアはスペシャルケアが必要です。とはいえ高価なアイクリームは不要。
目元や口周りに直接ハチミツを塗って潤いをたっぷりチャージ。とくに口周りは、唇とその周りにハチミツを塗ってからラップをのせて即席パックを数分おくだけで、潤いがしっかり閉じ込められます。乾きやすい唇にあまりリップクリームをたくさん塗るとかえって荒れてしまうことがあります。リップクリームのみに頼らず、ときどきこうしたパックで根本的なところから潤いを与えてあげましょう。
(※敏感肌の人はハチミツを直接肌に塗る前にパッチテストを行ってください)

美肌や美BODYのために、「食」に気を使うのはもはや常識!身体は食べたものから作られますから、土台のしっかりした身体をつくるためには、良質の食べ物を口にしたいですよね。でも、良かれと思って選んでいるその食材が、実は「老け」の原因となっていたら…!?食を正しく選ぶことはとっても大切。そこで今回は、老けの大きな要因「糖化」をキーワードに食材の選び方をご紹介します。■たるんだ老け顔の原因は「糖化」!? 糖質を摂り過ぎると、エネルギーとして使い切れなかっ

赤唐辛子

スパイシーな食べ物は、新陳代謝を促し、脂肪燃焼の速度を高める効果があります。赤唐辛子はまさにその代表選手的のような存在。さらに赤唐辛子には食欲を抑える作用もあると言われており、ダイエットにはうってつけのスパイスです。
ダークチョコレート

“チョコレートがスーパーフード!?”と思われるかもしれませんが、砂糖が加えられず、カカオ含有率の高いダークチョコレートを選べば、むしろダイエット効果が期待できます。
その秘密はカカオに多く含まれる一価不飽和脂肪酸という物質。これはお腹周りの脂肪を減らす作用があると言われています。ダークチョコレートはお抹茶との相性もよく、上質なおやつタイムをしたいときにおすすめ。カロリーの高いケーキではなく、一かけのダークチョコレートと上品なお茶で、贅沢な味を楽しみましょう。

お漬物はぬか床に限らず、塩分を使うので、一定時間密封された空間で野菜を漬け込むと野菜の細胞が死滅して細胞液が流出します。その後、野菜に含まれる他の栄養素と共に微生物が繁殖して菌になります。これが乳酸菌の誕生です。

また、ぬか漬けに限ってはビタミンB1も発生し、半日漬けただけで、生の状態の2倍になるといわれています。酸味が強くなった時はビタミンB2が増えた証だとも!

『あやめ雪かぶ』をお漬物にすると、ピンクの色素が全体に浸透し、抗酸化力も高まるそうです! ニキビ予防や皮膚の粘膜も丈夫になりますね。

お肌にとってはエース級の働きをします。まず、ビタミンAは皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあり、ニンジン、牛肉、豚肉、鶏レバー、春菊、アンコウの肝などに含まれます。また、ビタミンCはコラーゲンの合成を促し、シワやたるみを防ぎます。ピーマン、ブロッコリー、イチゴ、アセロラ、トマト、キウイなどに多く含まれています。ビタミンEは抗酸化物質として体内で機能し、細胞膜の酸化を防ぐため『若返りビタミン』とも呼ばれています。代表的な食材としてはウナギやハマチ、アボカド、アーモンド、ヘーゼルナッツ、カボチャなどが挙げられます」(同)

このほか、良質なタンパク質はコラーゲンの元になったり、ビタミンやミネラルなどを運ぶ役割をするという。脂身の少ない質のいいお肉、魚、大豆食品による植物性のタンパク質を摂るといいようだ。

「基本は『洗顔、保湿、UV(紫外線)ケア』の3つ。洗顔については、顔の肌質は脂ぎっていたり、乾燥していたりと時期や人によりさまざまなので、肌の状態に合った洗顔料をチョイス。市販の泡立てキットなどを生かしてクリーミーな泡を立てて、丁寧に洗顔してください。その後、保湿とUVケアのために化粧水や乳液を塗りましょう」

エステ利用もケアのひとつだけど、日々のスキンケアを重ねれば若々しさをキープできるんですね。男のアンチエイジング、そろそろスタートをしてみては。

バナナは善玉菌を増やす食物繊維とフラクトオリゴ糖、整腸作用のある難消化性でんぷんも含んでいるので、胃への負担も少ない点でオススメ。加えて抗酸化作用が期待されるポリフェノールや、美容ビタミンと呼ばれるビタミンB群も豊富に含んでいるので、美容にも最適なフルーツと言えます」と、調査で明らかになったバナナの美肌効果を分析する。

 健康的でハリのある美肌を取り戻したいなら、バナナを朝夜1本ずつ食べる。これだけでカラダの内面はもちろん、外見も若返ることが期待できるだろう

●空腹時に水を飲むことで大腸はクレンジングされるみたい。栄養素の吸収率がアップ!
●新しい血液と筋肉細胞の形成がスピードアップ!
●約470mlの水を朝に飲むことで新陳代謝が24%もアップ!
●血中の毒素を流してくれるので、肌の輝きが1トーンアップ!
●リンパの流れを整えるのに最高なのが水!リンパの流れが整う事で、体内のあらゆる液体の生成力がアップし、細胞が活性化!

そしてデトックス効果を最大限に引き出したい場合には、下記のポイントもしっかり抑えて。

●1日に1.5リットルを飲むように心がけて。朝方ならさらに良し!
●水を飲む1時間前後は、何も食べない!何も飲まない!
●前の日の夜にアルコールを飲まない。
●レモン汁を数滴入れるとデトックスの効果がアップ。

種を食べると盲腸になると聞いたことがありますが、それは嘘。そのまま食べると消化が悪いことは確かですが、スムージー用にミキサーで砕けば、種の中の良質な油を摂取することができます。たくさん入れ過ぎると、飲みにくくなるので、種の量はほどほどに。

体を酸化させる「悪い油」のトランス脂肪酸(マーガリン、ショートニング、ファットスプレッド)と時間が経った油は避けるべき。青背魚の油(DHA,EPA)、亜麻仁油、エゴマ油、シソ油、クルミ油、エクストラヴァージンオリーブオイルといった「良い油」を使うと良い。
・「糖化」に抗うために、体を糖化させる「果糖ブドウ糖液糖」や「高果糖液糖」は避けるべき。血糖値を急激に上げないように、精製した白砂糖よりは黒糖、真っ白なパンよりは全粒粉パン、白米よりは玄米をチョイスすると良い。

1 2





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1