1. まとめトップ

月額467円(税抜)でデータ通信!DTIの「ServersMan SIM LTE」を使う

月額467円(税抜)のモバイル通信サービス。FOMA網(3G)を使った100kbps「ServersMan SIM 3G 100」から、同額でXi網(LTE)も使えるようになり、さらに増速して「ServersMan SIM LTE」150kbps→250kbpsと進化中。

更新日: 2014年08月26日

81 お気に入り 393393 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hounaviさん

ServersMan SIM LTE とは

出典dream.jp

モバイル通信はLTE+3Gでもワンコイン前後(467円(税抜)/月)の激安時代に。

サービス開始時は「 ServersMan SIM 3G 100 」、LTEに対応し「 ServersMan SIM LTE 100 」、増速して「 ServersMan SIM LTE 」と進化によってサービス名称も変遷。

「ServersMan SIM LTE」は、NTTドコモのFOMA網(3G)/Xi網(LTE)を利用し、最大250kbpsの通信速度を月額月467円(税抜)で利用できるデータ通信サービス。

要は、低速だが格安なデータ通信専用SIMが提供されるサービスです。ドコモのネットワークを使うので、使えるエリアがかなり広いのがポイント。

【速報】 データ通信速度を66%大幅アップ 2014年4月21日より最大250Kbpsへ

現在、最大150Kbpsで提供しているServersMan SIM LTEですが、4月21日より、最大250Kbpsでの提供を開始します。サービス開始当初の2.5倍、映像のリアルタイムストリーミングや大容量アプリのダウンロード以外であれば“本当に”快適にご利用いただける速度になりました。

といことで、以下の記述を順次新サービスに対応したものに書き換える予定です。

サービスの特徴は?

NTTドコモの3G(FOMA)網・LTE(Xi)網を利用し、最大250kbpsの通信速度。

いわゆるMVNO(仮想移動体通信事業者)。当初は3G(FOMA)のみの利用であったが、2013年8月よりLTE(Xi)にも対応。これにより対応する機種も増加した。2013年11月より最大速度が100kbpsから150kbpsに増速。2014年4月より最大速度が250kbpsに増速。

月額月467円(税抜)。契約には初期費用として3000円(税抜)が別途必要。

支払方法は本人名義のクレジットカード払いのみ。

専用アプリで高速通信と最大250kbps通信を切り替え可能で、通信量100MBあたり250円(税抜)の従量制で下り回線を増速した通信も行える。

Android用とiOS用の速度切替えアプリがリリースされている。Webからの切り替えも可能。

LTEへのサービス移行に伴い、接続断なく瞬時に速度が切り替わるように。更に、特定のアプリを立ち上げた時だけ自動でUnlimitedがオンになる設定が可能になり、例えば特定のブラウザーを選んだ時だけ高速で通信することが可能に。バックグラウンド通信にチャージを使われることもない。

SMS(ショートメッセージサービス)オプションが月額143円(税抜)。

電話番号ベースでのショートメール(SMS)が使えるようになるので、たとえばLINEなどのSMS認証が必要なアプリの登録が容易になる。また、セルスタンバイ問題等が解消される。2012年12月より提供開始。
《国内へ送信 3円/1通(税抜) ※受信は無料》

機種によってはセルスタンバイ問題によるバッテリー消費が激しいが、このオプションで問題が解消するので、導入前にSMSオプションをつけるかどうかよく検討した方が良い(後日の追加はSIM交換となる)。

050番号が付与されるVoIP(ネット経由の音声通話)サービスのオプション「ServersMan 050」が月額300円(税抜)。

250Kの“外側”に安定したIP電話専用の独自帯域を設定し、独自帯域を利用した安定した通話環境を実現しています、とのこと。

これで、1つの契約・1000円以内で、データ通信・SMS・通話が実現できることになる(SMSと通話で番号が異なってしまうが)。

標準SIMカード、microSIM、nanoSIMカードが提供されている。

SIMカードサイズ変更は年1回まで無料。当初は標準サイズのみの提供だったため、SIMを自己責任でカットしてサイズ変更することも許容されている(解約時にはカット後のものを返却すればOK)。

最低利用期間はない。

解約金もない。

端末はユーザーが用意する必要がある。

オンラインストレージ「ServersMan@Disk」が利用可能で、1GBのユーザー領域を追加料金なしで利用できる。

2013年8月より3G+LTEの「ServersMan SIM LTE 100」へ移行

これまでご提供してきた「ServersMan SIM 3G 100」が、LTEにも対応し、「ServersMan SIM LTE 100」に生まれ変わります。

価格は月額490円のまま、これまでご利用いただけたNTTドコモFOMA網の3G通信に加え、遅延の少ないXi(クロッシィ)通信にも対応し、これまでご利用いただけなかったXi(クロッシィ)端末でもご利用いただけるようになります。

月額料金やSMSオプション等の内容はそのままに、3G(FOMA)網に加えてLTE(Xi)網にも対応するとのこと。なお、既存ユーザーは強制的にSIM交換(無料)。3Gのみ対応の機種のユーザーも今までどおり使える。3G 100の申し込み受け付けは終了。

2013年11月より上限速度150kbpsに増速。SIMサイズ変更無料化

「ServersMan SIM LTE 100」が、初のメジャーバージョンアップを行います。月額490円の料金は据え置いたまま、これまで最大100kbpsだった通信速度を1.5倍の最大150kbpsに増速します。
サービス名称は、最大150kbpsにとらわれず今後もバージョンアップをしていきたいという意気込みを込めて、サービス名称から「100」を取り、「ServersMan SIM LTE」と変更いたします。加えて、ご要望が多かった、SIMの無償サイズ交換にも対応する予定です。

利用できる機種は?

ドコモのMVNO(仮想移動体通信事業者)なので、ざっくりいえば、
 1. 通信方式・周波数帯域が対応していてSIMロックがかかっていない端末
 2. ドコモのアンドロイド端末(SIMロック解除不要、標準/microサイズのSIM)
 3. ドコモのiOS端末(SIMロック解除不要、nanoサイズのSIM)
のどれかならば※多分※大丈夫(手持ちの機種が使えるかどうかは各自の判断で)。

※ 2013年8月より3G網に加えてLTE網へ対応したことで、これまで利用できなかったXi(クロッシィ)端末でも利用できるようになった。

で、注文してみた。

1 2 3 4