1. まとめトップ

【ランニング】の効果が最大になる時間帯とは!?

今ランニングブームですね!ストレスに負けない為には朝ランナーになりましょう!

更新日: 2012年09月22日

145 お気に入り 81989 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pinkcatsmaiさん

ランニングブーム継続中!

男女共にランニング人口増加

走る楽しさに目覚める男女が急増中!
ランニングの聖地!皇居周りにはランナーがひしめき合って走っています。

しかしランニングはどこでもできるのがいいところ。
体一つでできるランニングは手軽で効果的な運動です。

ランニング皆いつしてる?夕方?とれとも・・・

皆仕事後・休みの日など、日常生活に邪魔にならないよう続けているみたいです。
けどランニングは効果的な時間帯があります。
それは・・・。

ランニングするなら・・「朝」!!

ランニング行って朝ごはん食べてまだこの時間。早起きサイコー\(^o^)/

朝ランニング気持ちいい そして銭湯へ はよ体力戻したい

朝からランニングしてきました! かなり汗かいてしんどいけど、シャワー浴びて扇風機で涼んで最高です(^^♪ 飯食ったらお昼寝かな?

なぜ朝なの!?朝ランで分泌される物質の正体とは?

ランニングによって【セロトニン】が分泌

ランニングなどのリズム運動をすると、セロトニンという物質が分泌されます。
約5分くらいで分泌しはじめ、30分程度で十分な量が得られます。
朝ランニングをする時は、「疲れるまでやらないこと」!
なぜならセロトニンは「苦しくなる前に出てくる」からなんです。

セロトニンがもたらす5つの変化

①α波が出る事によって爽快感が高まる!

セロトニンはストレスなどの脳の興奮状態を抑え、沈静化する為、気分も爽快となる。

②自律神経の働きを調節し、整える!

血圧も適度に上がり、代謝も向上する。

③「意欲」「集中力」「直感力」が活性化する!

前頭前野部分への血流が良くなる事で、気持ちが前向きになります。

④インナーマッスルの緊張が亢進する

今よく聞く「インナーマッスル(体幹部分の筋肉)」が緊張する事により、姿勢が良くなり顔も引き締まります。

⑤痛みの感覚が和らぐ!

この5つの変化によって得られる「爽快感」!!

自分の力で自律神経を整える事ができ、心と体が意欲的な状態を作り出す事ができます。

朝ランを続けると精神的に安定する!

「午前中は気分が乗らない・・・」という人でも朝ランを続ける事で、すっきりした状態を自分で作れる様になります。

夜ではほとんど働かない!やっぱり朝が有効!!

セロトニンはストックできず、夜にはほとんど働かないという特性があります。
なので毎朝、短時間ランニングするのがとても効果的なのです。

朝ランナーの為の朝ご飯

ランナーの朝は水分補給から!

必ず起きたら水分補給を!寝ている間に水分は失われています。
水分不足で走ると脱水症状の危険がありますし、代謝が悪くなりせっかく動いているのに痩せにくくなります。
まずコップ一杯の常温の水を飲みましょう。

1 2