1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

dadankanさん

人智を超えた存在である超生命体。100年に一度自らを火で焼いて再生(幼くなる)する事で永遠に生き続ける。元々は天上界にいたが、人間界に降りた。人語を解し、未来を見通す。また、その血を飲めば、永遠の命を得る事ができるという。呼称は鳳凰・火焔鳥・フェニックス(不死鳥)など。時空を超えて羽ばたく超生命体として描かれる。モデルは実在のキヌバネドリ目キヌバネドリ科の鳥ケツァール。その身体は宇宙生命(コスモゾーン)で形成されており、関わった人々の魂をも吸収して体内で同化し生かし続ける事も可能。話によっては人間との間に子供をもうけていたりもする。

1