「これが良い話で。不思議だけど、良い話でね。阪神大震災の時に、家にヒビが入ったんで、避難所に避難してて。その若手芸人は、まだ子供で、そこの避難所に"ワッハッハ星人"っていうオッサンが来たんだって。そのオッサンが、まぁ基本、役に立たないオジサンらしくって。大人が色々世話している時に」

「それで、その人が『オジサンは、ワッハッハ星人だ。オジサンに触った人は、ワッハッハ星人って言わなければダメだ』って言うんだって。そういう勝手なルールで、鬼ごっこみたいなことをしていて、捕まえられると、もう子供たちもしょうがなくワッハッハ言ってたんだって」

「それで、『オジサンは、全員がワッハッハになったら、違う星に行く』みたいなことを言い出したんだって。その時、若手芸人は子供の中ではちょっとオトナだったし、足も速かったから、ワッハッハ星人に捕まらなかったんだけど、みんなが捕まってワッハッハやってて、自分だけできないのがちょっと寂しくなってきて、夜、ワッハッハおじさんの所に、ばったり会って捕まったフリをしたら、ワッハッハ仲間になれると思って行ったんだって」

「それでオジサンのところに行ったら、オジサン、独りで泣いてたんだって…それが、すっごい良い話でさ。その…俺は多分、ワッハッハ星人になりたいなってちょっと思ってさ。あと、そういうところにいて、あんまりやることなかったら、そういう役目もあるんじゃない?って思ったりするね。色々、失礼もあったかもしれませんが…良い明日が来ますように」

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

伊集院光 深夜の馬鹿力 トーク傑作選【文字起こし】

毎週月曜日深夜25時からTBSラジオで放送されている『伊集院光 深夜の馬鹿力』。今年で18年目となるその放送の中で、傑作トークを抜粋してまとめました。

このまとめを見る