どうせ改竄すると思ったので魚拓を取っておいた。
折角なのでどこが改竄されたか説明する。ちょっと長くなるよ。

(前) 世田谷で1時間あたり2.7ミリシーベルトが観測されましたが、道路の脇の藪の傍で、当然、死の灰の性質からいって予想されることです。
毒物が飛散した場合、「どこに毒物があるか」というスタンスで毒物の多いところを探して、そこを警戒するのに、「できるだけ事故を小さく見せたい」ということで公園の真ん中など意味のないところを測定していたのです。
(後) 世田谷で1時間あたり2.7ミリシーベルトが観測されましたが、これは付近の住宅にラジウムなどを保管していたためとされています。
しかし、今回の事件は、毒物が飛散した場合、「どこに毒物があるか」というスタンスで毒物の多いところを探して、そこを警戒するのが常道なのに、これまで公園の真ん中などだけ測定していたので問題が大きくなりました。

出典武田邦彦★12

重要なのは武田先生はブログに記事修正の旨を書かないこと。これを改ざんと言わず何を言う

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【トンデモ?】中部大学武田邦彦教授への批判まとめ【原発問題】

支離滅裂すぎて追っかけるのやめたので過去記事メインです

このまとめを見る