体質や塗る部位、塩化アルミニウムの濃度によっては以下の様な副作用が出る場合が有ります。

【かゆみ・かぶれ】
かゆみやかぶれです。
使用量と使用頻度、使用部位によって、軽い場合から皮膚が荒れる場合までいろいろあります。
わきの下などの皮膚の弱い部分に使用すると、かぶれやすいです。
かゆみがひどかったり、かぶれたりした場合は、しばらく使用を中止して様子をみてください。

【汗疱】
汗疱(カンポウ)という、小さい水疱がぶつぶつと生じることがあります。
汗が汗口につまってうまく発散されないために起こります。
汗がつまるという点ではあせもと似た現象です。
治るまで、しばらく使用を控えるようにして下さい。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【制汗】汗を止める方法【制臭】

暑い時や緊張した時などの発汗は自然なことですが、日常生活に支障を来たすほど発汗する人(多汗症)もいます。市販の制汗剤はサラサラ感を出したり消臭・芳香効果が中心なので多汗症への効果はあまり望めません。今回は多汗症の人にも有効な塩化アルミニウムの紹介です。

このまとめを見る