提供:リクナビNEXT

惚れてまうやろー!!仕事で上司に救われたひとこと

仕事って楽しいことばかりじゃない、辛いことも乗り越えなきゃいけない、やっぱり仕事って大変です。そんな辛い時上司に言われた忘れられない言葉を集めてみました。

更新日: 2013年09月12日

2160 お気に入り 759304 view
お気に入り追加

ハートの熱い上司たち

前職上司に、「仕事とプライベートで同時に重要な問題が起こったら、プライベートを優先しなさい。仕事ではあなたの代わりはいる。でも、プライベートであなたの代わりになる人はいない。」 僕が部下を持った時には必ず言おうと思ってる。

「不満や文句を言うのは簡単なんだけど、どうやったら出来るとか、どうやったら良くなるかとかを考えられないと会社は良くならないよね。そして、ここに集まってる人たちはそれが出来る人たちの集まりだと僕は思っている」一番好きな上司に言われた大事な言葉。

仕事の漏れがお得意様の逆鱗に触れてしまい、ミスをかばってくれた上司に言われた一言。「プロは金をもらっている人間の事じゃない。金を払ってでもその仕事をやってもらいたい人間の事を言うんだ。お前にはその素質がある。」泣いた・・・俺は今この人の為に仕事をしている。

ギャップがあるから、やたらと嬉しい

これから大きな仕事を任されることになった時の事。当時は人間関係でも悩んでいて結構毒舌な先輩に相談していたら「期待はしてない…けど頼りにしている」と言われました。嬉しかったです。

普段厳しくて他の部署からも恐れられている上司が、飲み会で「お前、頑張れ。俺が教えれる事は全て教えてやる。」と言ってくれた。酒の席とはいえ酔っていたとはいえ、僕にとっては忘れられない言葉です。

「できないことは分かっていた。が、想像していた以上によくやった。」
腹蔵なく言われた。 嬉しかった。

時には厳しいときもあり

昔、上司に手書きの報告書を何度も投げ返され、最終的にはゴミ箱に捨てられた。理由を聞くと、「保存する価値がない」と言われたが、「結果だけが書いてあって、今後がない」の言葉にハッとした。それを踏まえて書き直すと上司はニヤリと笑って「ご苦労様」と言って受け取ってくれた。このとき「上司ってスゴイ! カッコイイ!」と感動した。

全く契約が取れない時期、「明日できればいいや」と逃げていた。それを見かねた上司が「自分との約束を守れ」「自分が決めたことから逃げるな」と声を掛けてくれた。ただ怒るのではなく、何とかしてこの悪い習慣を直そうと本気で僕の事を想って叱ってくれた。あの時の言葉があるから、今の自分があるのだと思う。

店長として仕事をしてはいますが、私もまだまだ至らない点がたくさんあり、厳しく叱ってくれる上司がいます。はっきりいってすごく怖い(笑)。けど怖さの中には愛情が感じられます。会社のこと、店のこと、そして私のことを真剣に考え、愛情を持って叱ってくれる。真正面からぶつかってくれる。すると、私のモチベーションも自然と上がっていくんです。この出会いだけでも入社して良かったと思っています。

矢面に立ってくれることもある

営業のとき、お客様にすごい迷惑をかけてしまい、お詫びに行った帰り道に「こういう時の為に俺がいるんだから、必要以上に気にしない!」と言われました。普段は頼りないなって思っていたけど、この時ばかりはこの人が上司でよかった!と思えました。

「お前と仕事していたころが一番楽しかったヨ!」と、俺の不祥事で責任を 取らされ飛ばされた上司からの一言・・・。中々、言えないよな、普通こんなこと。

ある重大なプロジェクトで上層と意見が食い違ったとき、直属の上司がかばってくれた。「あなたの勘を信じてそのままやりなさい。責任は私がとるから。」とおっしゃってくださった。今思い出しても胸が熱くなるし、私もいつか部下に対してそう言ってあげられる器の持ち主になりたいです。

上司の優しさに涙。。

ミスして落ち込んでいた時に、上司が私の隣に来て「おれもこの前、仕事間違っちゃってさぁ…」と話しかけてきてくれた。自分だけじゃない、と心強かった

能力の限界を感じて上司に辞職を相談。すると新しいユニット長を巻き込んだり、サポートするアシスタントを配置したりと、働きやすい環境をあっという間に整えてくれた。

実は面談の前から気配を察知していて、綿密に準備を進めていたんだとか・・・!

打ち上げの予約をミスした後輩を「居酒屋の予約も取れないのか?」と責める営業マンに、「そもそも全部、長所のヤツなんていないし、そんな神みたいなヤツは俺の部下にはいらない」と諭した上司。ミスして落ち込んでいる人にこういった話が出来る人は本当にカッコイイと思った。

だから明日も頑張れる

入社して1ヶ月。欝な顔で出勤した俺に。 「今のままで十分やし。無理スンナよ」 見てくれている人が居ると思うと頑張れる

派遣社員で働いていた私に、上司が「君はディレクターでしょ。もっと堂々としなさい」と言ってくれ、とても嬉しかった。正社員と派遣社員を分け隔てなく接してくれる上司に感動。

自分のミスの責任をとると社長に辞表を出した上司。しかし社長はそれを受け取らなかった。それから5年、上司は社長になり、あの時のことを聞いてみたら、「信用していた君達に自分が愚直にやってきた仕事を引き継げる、そう思ったからじゃないか。 何も不安は無かったよ。」 私達も頑張ります。少しでも貴方に近づける様に。

1 2