出典 blog.goo.ne.jp

Standard(スタンダード)

まさかのウェズリーとの競演を果したのは、われ等の男前ステイサム。

タイトル通りにカオス理論がどうちゃらこうちゃらしてる間にライアン・フィリップスが「なんや!?これ全部カオス理論やんけ!!そうか、コイツが…ええ、そんな、なんてミスやねん…」としてる内に空に飛び立つ映画。

正直、落ち着いたステイサムの演技はこれが秀逸。感無量。

ライアン・フィリップスはろくな映画に出てないけどこの映画じゃあ名演技だよッ!ウェズリーは相変わら可もなく不可もなくだよッ!

この情報が含まれているまとめはこちら

【映画】禿げていても男前「ジェイソン・ステイサム」が激熱。

坊主頭に近いヘアスタイルに、いかつい顔つきでしゃがれた声に、引き締まったボディー。ジョニデやブラピにときめく婦女子の支持を得られるなんて、はっきり言って想像できない。かといってスタローンやシュワルツェネッガーのような無敵のアクション・スターや、セガール的なオレ様ヒーローとも明らかに違う。

このまとめを見る