1. まとめトップ

初めて買う人におすすめ!【アウトドア リュック】登山定番から街派おしゃれブランドまで

リュックもいろいろあり、悩むところだとおもいますので、ブランドごとのまとめです。

更新日: 2012年08月20日

54 お気に入り 34368 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

黒めがねさん

■KARRIMOR(カリマー )

オールシーズン、オールラウンドの大型ザックのスタンダードサイズ。フィット感と荷重伝達に優れたSAサイズ調整システムは長時間歩行が伴うテント泊登山等で威力を発揮。効果的なコンプレッションシステムと相まって理想的なバランスを実現。無雪期縦走登山に最適な50ℓは、最大50ℓまで拡張可能。

機能性、フィット感はリッジそのままに、軽量化を追求したトレッキングザック。リッジ30譲りのしっかりしたショルダーハーネス、ヒップベルトが、日帰りから1〜2泊小屋泊まりの装備なら、無理なく身体に伝達し、疲労感も軽減。

with PREDATOR OMNI QR-MODULAR POUCH with PREDATOR SIDE POCKET (SINGLE)×2
[オムニQRモデユラーポーチ & サイドポケットペア付き]
耐久性、収納力に優れ、ハード&タフなルックスも魅力の大容量モデル。さらなる容量増加には取り外し可能なサイドポケットとモデュラーポーチを装着。

■THE NORTH FACE(ノースフェース)

スピードも安全面も妥協が許されないアルパインクライミングでは、バックパックは身体の一部のように扱えなくてはなりません。背負い心地、操作性、軽さ、強度といった機能を、先鋭的クライマーの意見を反映させながら高めたのがこのプロフィットです。従来の素材から大幅な強度アップを実現したボンバスティック™ファブリックを本体に使用し、アックスなどのツール類や岩からのダメージにも耐えられるように設計。雨蓋の容量を大きくし、小物類を取り出しやすくしています。

2泊3日程度のテント泊に対応する誰にでも扱いやすい大型バックパックです。背面にアルミフレームを入れることで重い荷物を入れても安定し、ハーネスは日本人の体型に合う形状になっています。ウエストパッドは腰周りを確実にホールドし、骨盤の動きに追従します。荷室へのアクセスは上部からだけでなく、前部のU字に開くファスナーでも可能。2気室にできる仕切りが付き、ファスナーを開放して1気室にすることもできます。トレッカーたちのニーズを考え尽くした、現代版のオールラウンダーです。

■klattermusen (クレッタルムーセン)

細長いシルエットでモビリティを制限することがないので、登山やスキーといった重い荷物を運ぶ時に最適です。

ラップベルトは、人間工学を取り入れたデザインで、足の筋肉の血流を制限することなく直接腰への体重移動を行います。
ロールオーバーの開口部なので、パックが簡単にできます。

クレッタルムーセンらしいデザインで人気の定番バックパック!
軽量で本格的な登山やアウトドアのみならず日帰り旅行や、メッセンジャーの方にも最適です。

■Berghaus (バーグハウス)

軽さが求められるスキーツアーやライトアンドファストなアルパインクライミングに最適で、年間を通じて使用できる汎用性の高さが魅力です。
背面はフュージョン2システム採用。

背中に隙間を作って風を通すフリーフロープロシステムを搭載したBerghausの顔的なザック。真夏の登山時にも背中が蒸れることなく快適です。

Berghaus Arete 35 Daysack (バーグハウス アリート35 デイサック)の仕様容量35L重さ0.85kgサイズ65cm (H) x 29cm (W) x 25cm (D)カラー・Blaze Red / Thunder (ブレイズレッド / サンダー - 赤)・Green Sheen / Intense Blue (グリーンシーン / インテンスブルー - 黄)・Black / Thunder (ブラック / サンダー - 黒)・Int

1