1. まとめトップ

スタバ!銀だこ!群馬県が「ドライブスルー」だらけなワケ

色んなお店がドライブスルーを導入する群馬県の秘密についてまとめました。

更新日: 2012年08月20日

takenakoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
12 お気に入り 24365 view
お気に入り追加

群馬県のドライブスルー事情

県庁所在地は前橋市。県南部に関東平野、県中北部に自然豊かな山地を有する。

グンマ―という愛称でネット民からも親しまれている群馬県ですが、実は色んなサービスでドライブスルーが活用されている県でもあります。

そんな群馬県のドライブスルー事情についてまとめてみました。

ドライブスルーになったアレやコレ

銀だこは湘南でもドライブスルーがあるみたいですね。

「はま寿司」というお寿司屋さんらしいです。

携帯電話の普及により、今はもう無いそうです。

にしてもすごい発想。

クリーニングもドライブスルー。これは便利ですね。

なぜ群馬県にドライブスルーが多いのか?

群馬県における自家用車の世帯あたり普及台数は1.676台。

福井県の1.749台、富山県の1.719台に次いで全国第3位にランクインしています。

全国の平均台数の1.086台という数字から見ると、かなり大きな数字であることがわかります。

2011年6月時点で69.4%で全国1位です。

単純に考えるとドライブスルーがあるのとないのとでは、母数が大きく変わってしましますね。

車が日本で三番目に多い県ですので、いざピーク時になると駐車場が満タンになることも、群馬県ではよくある風景だそうです。でも面白いのは、駐車場が満タンでも店内は空いていることが多いということ。

ドライブスルーを活用することで回転率を上げて、店内待機を減らすとともに、機会ロスを無くすことができるそうです。

飲食ビジネスは特に回転数が重要ですから、必然的に都市部や郊外でもホットスポットに出店することが定石です。ただ扱うもの次第では、こういった地域の特性を活かした形態に合わせれば最適化できるかもしれませんね。

地域性もあるかとは思いますが、自動車の普及台数の多い福井県、富山県も同様にチャンスはあるかもしれませんよ。

1





いつも読んでいただきありがとうございます、キュレーターのtakenakoです。
+αの情報が得られるまとめ作成を行っています。