1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

knj001さん

<10位>ナタリー・トラン 年収860万円

2006年から動画配信を開始。大学でジャーナリズムについて勉強している彼女は、定期的に情報配信するビデオブロガーだ。
健康やマナー、食べ物など日常に役立つ情報を分かりやすく伝えることで人気集めているようだ。チャンネル登録者数は約75万人にも上り、この1年間の動画の再生回数は1億3900万回にもおよんでいる。

<9位>ザ・ヤング・タークス 年収947万円

もともとはラジオの政治トークショーで、トルコ系アメリカ人のCenk Uygur氏が司会を務めています。視聴者層が広く、インターネットも十分にブロードキャストのプラットフォームとして活用できることを証明した番組となったようです。

<8位>スモッシュ 年収955万円

二人組のビデオ製作者である。スモッシュはYouTubeで最多の、12万5000以上もの視聴予約を持つ人気チャンネルとなっている。(2007年6月現在)

スモッシュによる「ポケモン」テーマのミュージック・ビデオはYouTubeで多く視聴されたものの一つであったが、現在は削除されている。(彼らのウェブサイトのスモッシュ・ドットコム上でまだ見ることができる)このビデオは2400万以上もの再生回数があった。

2007年3月、スモッシュはYouTubeで初めて催された"YouTubeビデオアワーズ"の際、彼らのビデオ"Smosh Short 2: Stranded"で「ベスト・コメディ・オブ・2006」の栄冠を勝ち取っている。

<7位>メディオクル・フィルムズ 年収981万円

ありふれた普通の映画と言う意味のタイトル。

もともとはテレビのコメディ番組を作っていたのですが、そのショーが1シーズン続き、その後、低予算でウェブ上のコメディ動画を作り始めたのがこれです。

<6位>シェイ・カール 年収1184万円

ラジオDJであるシェイ・カール氏は世界中の人に見てもらおうと、Youtubeにコメディ動画を上げ始めました。DJやYoutubeを始める前は、20もの仕事を経験してきたそうです。

<5位>フレッド 年収1235万円

3分間程度のトーク動画を月に数本のペースで投稿し続けている。

フレッドというのはルーカス・クルックスシャンク氏が演じる6歳の孤独な少年で、「母親のビデオ・カメラを使いYoutubeに動画を上げている」という設定だそうです。

なんとチャンネル登録で第2位のこのフレッドというキャラクターは、映画化までされるそうです。

<4位>ライアン・ヒガ 年収1277万円

当初は口パクのパロディビデオが中心で、その後のhow-toシリーズで世界的な人気を博するようになる。

YouTubeにおける彼らのビデオの合計再生回数は5億回を超える。
現在は、チャンネル登録数が総合2位である。 それまでに最多だったFredにはアンチが多かったこともあり、2人に対する祝福コメントやビデオが多く投稿された。

しかし、ライアンが4役をこなすSkitzoシリーズや1人語りのOff The Pill、コメント欄からのリクエストに応えるDear Ryanシリーズ等は変わらず再生回数を伸ばし、2012年2月08日現在、チャンネル登録者516万人を突破している。 動画投稿数は、自主的に削除したり削除されたりした結果、現在は120本ほどだ。

2008年には映画Ryan and Sean's Not So Excellent Adventureがハワイとカリフォルニア限定で上映された。

1 2





このまとめへのコメント1

1