1. まとめトップ
319 お気に入り 463787 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

0wktkさん

シリアをめぐる国際社会の動向

アサド政権支持側

現アサド政権はイスラム教でも少数派のアラウィ派

アラウィ派はシーア派に近いグループ

現政権を支援しているアラブ諸国はほとんどがシーア派の国

シーア派のイラン・イラクはアサド政権を支援

ロシアは冷戦時代からの関係によりアサド政権を支援

反体制派側

反体制派はほとんどがスンニ派

スンニ派はシリア国民の80%

イランの対立国のサウジアラビアは反体制派を支援

スンニ派のカタールは反体制派を支援

過激派のアルカイダはシリア政権と仲が悪いので反体制派を支援

トルコはアサド政権と対立関係なので反体制派を支援

中東を民主化したいアメリカとしては反体制派を支援したいところだが、アルカイダが反政府側を支援しているので表立った支援はおこなっていない

しかしアメリカも一枚岩というわけではなく、かつてブッシュ政権のころに力を持っていた共和党のネオコンのグループが反政府側への支援を強めている

反政府側は指導者というものはおらず緩やかなつながりを保ち活動している

中立側

イスラエルは現アサド政権が取引もできないわけがわからない相手というわけでもないので慎重に様子を見ている

なぜ紛争が起きているのか

1.原油をめぐる経済戦争

原油価格を市場コントロール化におきたい国の民主化勢力支援と資源価格が高いほうが都合の良いロシアのアサド政権支援

シリアは産油国ではないがイランと仲が良い

シリアの危険な戦略位置から、支援は部分的であり、アメリカは及び腰。
それもあって、ロシア、中国は強気の対応

2.宗教的な対立

イスラム教徒はシーア派・アラウィー派・スンニ派・ワッハーブ派など様々な派に分かれておりそれぞれ仲が悪い

イスラム教でも少数派に属するアラウィ派が現政権というのがさらに火に油を注ぐ

1 2