1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

papipotiさん

大山 倍達(おおやま ますたつ、1923年(大正12年)7月27日(旧暦6月4日) - 1994年(平成6年)4月26日)は、男性武道家・空手家であり、国際空手道連盟総裁・極真会館館長。極真空手十段。別名:マス大山。

▼残された名言

頭は低く目は高く、口を慎しみ心は広く、孝を原点とし他を益する。

出典大山倍達

謙虚であるが目標は常に高く持ち、つまらないことは語らずに心を広く持ち人を受け入れ、身近な存在の親への孝行を原点とし他人に感謝の心を持って、ひいては世間・社会に利益をもたらすように生きよう。

侍は刀を常に磨いてさやの中におさめておく。抜かない。抜かないところに侍の価値がある。

出典大山倍達

常に鍛錬し、いつでも心身を戦える状態にしておく、しかし自分のために力を使うことはない。

正義なき力は、無能なり。力なき正義は、無能なり。

出典大山倍達

力があっても正義が無ければただの暴力であり、正義あっても力がなければ結局意味が無い。

空手に先手あり、しかれども私闘なし。

出典大山倍達

空手家は自ら戦いを仕掛けることはあっても、それは決して自分のためではない。

実践なくんば証明されず。証明なくんば信用されず。信用なくんば尊敬されない。

出典大山倍達

机上の空論ではなく、実際に自ら戦い、道を切り開いてきた空手家ならではの言葉だと思います。

技は力の中にあり。

出典大山倍達

これも実践を重ねてきたからこその言葉。柔よく剛を制すという言葉があるが、よく鍛錬して徹底的に鍛えた体が土台になっているとも言える。

金を失うことは小さい事である。 信用を失うことは大きい事である。勇気を失うことは自分を失う事である。

出典大山倍達

金は取り返しがついても、信用は取り返しがつきません。まして勇気を失うことは新しい機会を逃すことであり、自分の未来をも失ってしまう。

継続は力なり。

出典大山倍達

長く継続できることは、秀でた能力であり、つまりその人の力である。

金脈ではなく、人脈である。

出典大山倍達

物事を切り開くのは金ではなく、人とのつながり、人の力である。

受けた恩は忘れるな。受けた恨みは忘れてしまえ。

出典大山倍達

自分を引き立ててくれた恩は決して忘れないが、自分のためにならないつまらない恨みはサッサと忘れたほうがよい。

▼関連リンク

▼関連書籍

1