1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

二眼レフ”風”!?世界初のレトロなトイデジカメがとっても楽しそうな件

二眼レフ"風"だけど、二眼レフではないダブルレンズデジカメ『BONZART AMPEL(ボンザート・アンペル)』。箱形ボディを上から覗き込んで撮れるなんて、マニアックで楽しそう!「ampel(信号機)」という名前の通りの見た目もかわいいです。

更新日: 2012年08月26日

247 お気に入り 40022 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kmmkさん

カメラショップ「BONZ」を運営する グローバルDC から初のオリジナルブランドとなる「BONZART」(ボンザート)のトイデジ「AMPEL」(アンペル)が発売されました。
価格は 14,700円。

「AMPEL」とは、ドイツ語で「信号機」という意味のようです。

▼見た目も可愛い

出典dime.jp

一見、二眼レフスタイル、しかし、上下のレンズで機能が違うトイデジカメ。上はノーマル、下はミニチュアモード専用レンズ。動画にも対応。電源は単3乾電池3本。

▼2つのレンズ?

上はノーマルレンズ、下はチルトレンズでミニチュア風写真がボタンひとつで切り替えて撮影できるのです!

赤丸エッジの上レンズがノーマルレンズで、普通にトイカメラ風の写真が撮れ、緑丸エッジの下レンズが、ジオラマ(ミニチュア)風に撮れるチルトレンズになってます。専用チルトレンズで後加工なしのジオラマ風写真が撮れるトイデジって、贅沢でしょ。

「上のレンズがスタンダードレンズ」「下のレンズがチルトレンズ」になっています。1台で二種類のカメラを楽しめるって感じの変デジです。

▼撮影方法は…

つまみを少しスライドさせてからフタを開くと、折りたたみ式のファインダーフードが現われます

▼こんな感じの素敵なミニチュア写真が撮影できちゃう!

▼ファッション性も高くて持ってるだけでオシャレ

ななめ掛けもできます

◆関連リンク

1