2008年4月18日夜、当時23歳の女性会社員がマンション内から忽然と消え、親族から捜索願いが出される。玄関に少量の血痕が残った状態であったことに加え、マンションに設置された監視カメラの記録に女性会社員がマンションから外出した形跡がないことから、マンション内で消失した「神隠し事件」として、マスメディア各社がトップニュースで報じた。
容疑者の男は性奴隷獲得目的で被害者女性の帰宅を待ち伏せし、帰宅直後を狙い女性宅へ侵入。女性に騒がれたため頭部を殴打し拉致、自室へ連れ帰った。
男は被害者の遺体を包丁2本とのこぎりでバラバラに切断、解体し、警察の家宅捜索時には冷蔵庫やベッドの下、段ボール箱などに隠した。その後、遺体を包丁でバラバラに切断してトイレなどに流したり、細かく切断した遺体を出勤時にゴミ捨て場に捨てるなどして隠ぺい工作を図り、遺体の全てを処理した。

詳しくは、http://the-outerzone.com/japanincident/koutoukuolkamikakushi/

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【心臓の弱い方は閲覧を控えて下さい】日本で起きた凄惨な殺人事件【総まとめ】

日本で起きた特に悲惨なゾッとする殺人事件を紹介しています。ここでは各事件の概要と、ネットの口コミしか載せていませんが詳細を読むと、心底胸糞が悪い事件ばかりです。

このまとめを見る