1915年、北海道苫前郡苫前村(現:苫前町古丹別)三毛別六線沢で発生した、日本国内で最も大きな獣害(じゅうがい)事件。羆(ヒグマ)が数度にわたり民家を襲い、当時の開拓民7名が死亡、3名の重傷者を出すという被害があった。

詳しくは、
http://the-outerzone.com/japanincident/sankebetsuhiguma/

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【心臓の弱い方は閲覧を控えて下さい】日本で起きた凄惨な殺人事件【総まとめ】

日本で起きた特に悲惨なゾッとする殺人事件を紹介しています。ここでは各事件の概要と、ネットの口コミしか載せていませんが詳細を読むと、心底胸糞が悪い事件ばかりです。

このまとめを見る