1. まとめトップ

シリア内戦 わかりやすく説明 最大の責任はフランス キリスト教ユダヤ教VSイスラム教 宗教が問題

共通の敵は キリスト教のアメリカとユダヤ教のイスラエルだが・・内乱誘発させるのは・国は・疑心暗鬼

更新日: 2018年07月29日

62 お気に入り 110276 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

daiba49さん

アサド大統領は、現政府が権力についている間はシリアを支援しないとする複数の政治家の発言について、「シリアの全戦争期間中における西側の最高の声明だ」と述べた。

アサド大統領は、欧州と米国を再建プロジェクトに参加させるつもりはないと強調し、「我々はそれはさせない。彼らはお金を持ってくるか否か?彼らが借款、寄付、あるいは助成金など、何を申し出ようとも、我々に欧米は必要ない。欧米は『誠実』という概念から程遠い。彼らは与えるのではなく、奪うだけだ」と説明し、欧米は「稼ぐという欲求のみを指針としている」と語った。

アサド大統領によると、シリアは自分たちの力のみを頼りとし、困難な時は友人の助けを借りることになる。大統領は「シリア復興にはさらに時間がかかるかもしれないが、少なくとも心配する理由はない」と述べた。

シリア混乱の最大の責任はフランスにある

第2次世界大戦後、欧州諸国のリーダーたちは長い時間をかけてEUを創設した。第1次大戦と合わせて、欧州が2回も大戦の起点となったことからだ。EUとは不戦条約締結国の集合体でもあり、加盟国は一度もお互いに戦争をしたことがない。すなわち不戦を誓った場がEUであり、宗教・人種・出自に関係なく人権が保障される場がEUだった。

だが、人権や民主主義を声高に叫ぶ一方で、欧州が中東地域でしてきたことは何か。イスラエル・パレスチナ問題は、周知のとおり、イギリスの三枚舌外交が招いた結果である。1948年、イスラエルが建国を宣言するとアラブ諸国はイスラエルとの戦争に突入した。4次にわたる戦争を行ったエジプトや、3次にわたって交戦したシリアは軍事機構が肥大化し、情報公安部が発達、軍出身の為政者の地位を強固にした。

その後、国家の安定を口実に、戒厳令下の例外状態が常態化し、国家による市民の監視が広がった。暗殺やクーデターを恐れるあまり、軍事・警察活動は混然一体となり、国民国家の内側と外側の違いも区別できなくなった。すなわち外に向かって国民を守るべき「国家」は、内であるはずの国民に銃口を向けたのであった。

シリアの偽旗化学兵器攻撃を追いかけているのですが、ホワイト・ヘルメットによって演出された証拠が、次々と上がってきます。

この問題を重要視しているのは、シリアでの戦いはまだ終わっておらず、そのクライマックスがこれからやって来ると思われるからです。

今回空爆を行った米英仏とイスラエル、サウジアラビアが、ロシア、シリア、イランに対峙する最終局面に入っていくのは避けられない見通しです。

イスラム教VSキリスト教VSユダヤ教 宗教がわかれば中東情勢が読める

戦争は宗教で始まり人類滅亡へと続く・・ 宗教家が平和と言えば信じないhttp://matome.naver.jp/odai/2131304365847901701

サウジアラビアが過激派のイスラム原理主義グループを強力に支援している

イスラム教でも少数派に属するアラウィ派が現政権というのがさらに火に油を注ぐ

アメリカはイスラエルの子分! イスラエルに邪魔な周辺イスラム国に同士討ちさせ。。米に壊滅させる

キリスト教とユダヤ教がイスラム教を・・


ユダヤ人のみ死後神のもとへ
キリスト教徒のみ死後神のもとへ
イスラム教はユダヤ教徒もキリスト教徒も死後神のもとへ
イスラム教だけは寛容で、イスラム教を強制しない。

イスラム教は射利(利益追求)を推奨する数少ない宗教だが、富む者は富まざる者に利益を分配しなければならないとされる。

ユダヤの兄さんとキリストの兄さんは イスラムの弟が許せない・・
兄弟は他人の始まり・・?

白人のいう民主主義は キリスト・ユダヤ教が踏み絵である・・他は全て敵
米に付くのは全て・・韓国もキリスト教国  日本だけは何でも米の言うこと聞くので・・特例国

シリアの化学兵器は弱者の切り札!廃棄なら 核兵器のイスラエルと米ユダヤキリストに滅ぼされる。
http://matome.naver.jp/odai/2134269624451757201

イスラエルの命令聞かないと 犬にように殴られる・・

なぜアメリカがしゃしゃり出るのだ? と言えば、このような経緯があったからです。

今回、オバマ大統領がシリアの問題で大統領のWar Power(=戦争を始める権限)に関して論争に巻き込まれたのは歴史の美味しいアイロニーだと言えます。なぜなら第一次大戦の戦後処理の過程で、異教徒同士を無理矢理ひっつけて、シリアという国の線引きをしたことに、アメリカも一枚噛んでいたからです。オバマ大統領がウイルソン大統領と同じ、憲法学者出身だという点も偶然にしては出来過ぎです。

オバマ大統領はシリア制裁に際して「議会の同意を仰ぐ」という判断を下した際、当然、ウイルソンの犯した過ち(議会を無視したために14カ条の要求が採択されなかった)を深く研究したと思います。

キリスト教の排他主義が・・嘘の戦争口実で殺し続けている

急激に勢力を伸ばすイスラム教に対し、キリスト教は脅威と感じイスラム教を迫害している。

1 2