1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

イクメン必読!50の育児テクニック その1

寝ない、食べない、泣き止まない。。。イクメンに捧げる育児をもっと上手に、楽しくするためのアイディアをご紹介します。赤ちゃんによっていろんなタイプがありますので色々参考にしてみて下さい。

更新日: 2013年01月26日

622 お気に入り 53122 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ツモさん

おむつ替えテクニック

話しかけたり、歌ったり。嫌がるスキを与えない

「キレイにしようねー」や「お外に猫ちゃんがいたねー」など関係ない話で気をそらすのも効果あり

オムツ替えシートは新聞紙にして使い捨て

古新聞は破いて遊んだり、雨の日の湿気とりになったり、お役立ちアイテム

お風呂マットをオムツ替えシートに、洗うのも簡単

100円ショップにもあるので派手に汚れても気軽に買い替えできる

天井から飾りを吊っておくと割と大人しい

画用紙を好きな形に切って糸で吊るすだけ5分もあれば作れます

オムツ替えの時専用のおもちゃを決めておく

嫌がった時だけの奥の手にしておくのがポイント

いつも決まった場所で

部屋の隅っこだと落ち着く子が多い

ガラスや窓がある場所で、外が見えると喜ぶ

出典育児雑誌より

ごろんと仰向けになった時に空や外が見えると喜びます

あやし&泣きやませテクニック

おなかを指でツンツン

泣いててもツンツンすると笑ってくれる

足のつけ根をさすると大爆笑

「コチョコチョ〜」と言いながらさするとたちまち大爆笑

レジ袋こすり

ママのお腹の中の音に似ているから安心するらしいです

足の裏で「一本橋こちょこちょ」

手のひらだけでなく、足の裏でもやると大ウケ

泣いたらとにかく場所を移動

出典育児雑誌より

環境を変えると泣きやむことがある

声のトーンを少し高めに

出典育児雑誌より

低い声は赤ちゃんを不安にさせる

飲む&食べるテクニック

お友達がいると食が進むので、家ではぬいぐるみをお友達代わりに

「クマちゃんもたべるよー」「○○ちゃんもどうぞ」とつられてパク

野菜は手掴かみ食べを目的に、食べた量に一喜一憂しない

いろんな食感や味を体験するうちに、苦手な野菜に慣れてくる事も

食器はシンプルに、イラスト入りは気が散る

好きなキャラクターが目に入ると気が散ってしまう子も

少なく盛りつけて完食の達成感を

食べ残してがっかりするよりも完食の達成感を大切に

手早く調乳、黄金比率は70度のお湯6:湯冷まし4

出典育児雑誌より

100ml作るならお湯50ml:水35mlが目安

遊び始めたらおしまい、目安は20分

出典育児雑誌より

赤ちゃんなりに学んでいることもあると思うので、促してあげたりして様子を見ましょう

自分で食べる練習にはある程度深さのあるスプーンを使って

出典育児雑誌より

しっかりと上唇を使って食べ物を取り込める

▽その2へ

1





このまとめへのコメント2

  • yuuta26さん|2013.10.19

    私が『イクメン』という言葉を嫌いな理由
    http://blogs.bizmakoto.jp/noubiz/entry/4315.html
    『イクメンごり押しキャンペーン』

    『イクメン』が、『育児期間中のママの負担を軽くするためにお手伝いをするパパ』という定義であれば、それは『イクメン』ではなく、『育児ママヘルパーメン』などと呼ぶべきではないでしょうか?

    受益者がすり替わり、これからその職に就くべきかどうか迷っているうら若き男性たちを煙に巻くようなネーミングはある意味ペテンに近いです。


    『たま○よ』などの雑誌では、これに似た感じで右往左往する哀れなパパが嘲笑されています。

    あ、あの手の雑誌は本当に酷いです。赤ん坊の成長スケジュールみたいなのは役に立ちますが、座談会系の記事は男性は絶対に読むべきではないです。

    パパが参加している座談会も、間違いなく男の味方はしてくれません。

    フルボッコにされるサンドバッグ役か、ママにとって都合のいいパパ役の可能性が高いです。


    ■女性の方が切迫してます

    結婚を避ける避けないで言ったら、男性は女性よりは気長に構えることができます。実際は、私の男性の友人でも、30後半になるとなかなか結婚したという話を聞かなくなりますが、女性は生殖能力的に切実です。

    こんな記事も最近読みました。

    「卵子は"老化"する」 あなたはご存じでしたか?
    http://www.nhk.or.jp/gendai-blog/100/108994.html


    今の状況は、適齢期を迎えた肉食女子達が野山に狩りにでていると、後方から「イクメン支援砲」の砲撃が始まり、獲物のウサギさん達がびっくりして一目散に逃げていく構図だと思います。

    『イクメンは大変だぞー』『絶対にイクメンになれよー』などと配偶者候補生を脅かすことは、彼女らには大きな逆風になるでしょう。

    共働きならば育児分担は当然でしょうが、専業主婦が「旦那が育児するのは当然でしょ!」って・・・
    どれだけ傲慢になれるのでしょうか?

    「専業」の意味は? 

    離婚されたら生きていけない能無しのくせに

  • この投稿は現在表示することができません。

1