1. まとめトップ

【暇つぶしに読む】本当にやった復讐【因果応報編】

自分で撒いた災いの種が、返ってきてしまった話中心です。出典はこちらです→http://revenge.doorblog.jp/

更新日: 2017年05月26日

AKYSTARさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
222 お気に入り 1651577 view
お気に入り追加

彼女もこんな過ちをして後悔し悲しんでるんだと勝手に考えていた。

AV女優になった彼女への復讐

おれは今26で専門学校で彼女と知り合ったんだ。
そてほど仲良くなかったっけど
ある日偶然再会して食事することにそれから付き合うまではとても早く、
再会してから1週間後に付き合うことに。


その後も色々と早くて付き合って1ヶ月後には同棲。
職業が同じだから、当時は色々と相談事や将来の事ばかり話してた。
おれはこの仕事をやりたいって思った時から
海外行って挑戦したいと思ってて彼女もそれに賛同してくれた。


それで付き合ってから2年後。
二人で貯めたお金で海外での生活をスタートさせた。
語学や現地の仕事の技術を勉強し、現地の職場で2年間頑張った。
その間は結構大変でうまくいかない事だらけでなれない地で喧嘩することが、多かった。


勿論、渡航前に彼女の両親へ結婚を前提に付き合ってることと
一緒に海外へ行きたい事を話してたんだ。
おれは辛いけど、勉強ができることにとても意義を感じていたけど、
彼女は途中からそうではなくなっていた。
英語の上達ができなく、仕事や学校も途中でやめて家に篭ってる事が多くなった。


そして、その状態のまま帰国。
また日本での生活が始まり、お互いに就職活動。
二人とも何とか仕事を見つけておれとしては落ち着いたら結婚の話を進めようと考えていた。

今思うと ここら辺から彼女は変わってった。
まず服装が派手になった。
そして絶対履かないような下着を着るようになり、しまいには全身脱毛に通うようになった。


職業柄そんな金があるわけもないのでかなり不審に思ってた。
そして、友達の家に泊まると言って帰ってこない日もしばしば。

ある日ふと置いてあった彼女のカバンに給料明細書の紙が見えた。
悪いと思いながらみると彼女の名前ではない名前宛てだった。
名前を検索してみたら一発。 彼女の裸の写真やAVパケやら色々と出てきた。

この時点でおれは頭の中真っ白。

仕事中だと思っていたこの時間もAVの仕事をしてるのかと思うと涙が出てきた。
数時間後彼女が帰宅し、彼女の顔をみるなり吐いてしまった。
検索した彼女の画像が頭を巡ってクラクラしていた。
彼女は具合が悪いと思ってるのか、ご飯を作り着替えさせてくれた。
その優しさが、知った事実よりも辛かった。

もうこの時点で別れる事を決意してた。
その夜、彼女に別れようと言った。
彼女は訳がわからなかったみたいだった。
別れたくないと泣きわめいていたが、
正直そんな人に妻になってもらいたくないし、まして母親になんてなってもらいたくなかった。
訳を教えないと別れないと別れないと言い、ここで初めて問い詰めた。


まずは給料明細書の名前は誰か?
彼女は職場の上司の明細書を間違えて、なんて言っていた。
じゃあ会社の名前と住所は?
なんでそんな事いちいち聞くの!と答えてくれなかったので、
給料明細に書いてある会社名を検索し、ここが職場かと聞いても答えなかった。

ようやく彼女もばれた事を理解したのか、真っ青な顔をしていた。
上司の名前と言っていた給料明細の名前を検索し画像を見せると、彼女はしくしくと泣いていた。


許してくださいと泣きながら懇願されたが、おれはもう出ってってくれと言った。
その後おれは、なぜか終始冷静でいれた。
浮気ならば許すか許さないかの葛藤もあったかもしれないが、
そんな葛藤は無かったからかもしれない。

それからおれは全く仕事も手につかず本当に身も心もギリギリの生活が続いた。
誰とも会う気もせず 正直、自殺してしまいたいと思ったこともあった。

彼女の連絡先や写真など思い出のものはすべて捨てて。 思い出したくもなかった。
半年後ようやく悲しみもうすれ外に出て人と会いたいと思うようになった。

彼女との共通の友人だが親友と本当に久々に会った。
周りでもおれのことを心配していたらしい。
聞けばおれがフられたショックで家から出られないとみんなは思っていたようだった。
さらにおれをフった理由はおれの浮気が原因だと(彼女が)周りに話していた。 と聞いた


おれは別れてからの半年間思い出して悲しむのを堪えながら彼女の幸せを願っていた。
彼女もこんな過ちをして後悔し悲しんでるんだと勝手に考えていた。

そんな風に過ごしてきたのがバカらしく感じた瞬間だった。
悲しい気持ちが怒りになった瞬間でもあった。


まずそれを聞いた親友に全部事実を話した。
AVのタイトルも女優名も何もかも。 親友は愕然としていた。

復讐はここから始まった。
別れ話を聞かれた友人には全員事実を話した。
女友達は彼女を軽蔑し、
男友達は軽蔑してるのかいいオナネタができたと思ってるのか不思議な反応だった。
そして友人からどんどん彼女の周りから人が離れていったと聞いた。

そしてある日、彼女の父親から電話がきた。

電話に出ると君の借金を娘が払ってるそうじゃないかと。

おれはそんな事身に覚えは全くない。
父親は両親と私3人で会おうと提案してきたので会うことに。


後日待ち合わせの時間には彼女の両親は到着していた。

話す内容は借金の話。
両親が言うには、彼女曰くおれが留学前、
海外留学の金を使い込んで仕方なく借金した金を返してると話してくれた。
おれはそんな事もしてないしましてどこからか金を借りた覚えはなかった。

おれは、なんの借金かは大方予想がついた。


まず、別れた経緯を話した。

友達と同じくおれの浮気が原因だときていたらしい。
そしてこの借金の話も聞き両親はおれを殺したいくらいの気持ちで今日あったんだろう。

おれは携帯電話で彼女の芸名を検索し両親に渡した。
彼女を問い詰めた時と同じく、両親の顔は真っ青になっていた。
父親は顔を伏せ母親は泣いていた。

母親は、おれにごめんなさいと泣きながら言った。 おれも泣きながら頷いた。


おれですらこんな苦しんだのに、ましてや母親だ。
腹を痛めて生んだ娘が卑猥な格好で男と絡んで笑ってる画像を見たんだから。
そんな事を考えると涙が出た。


その後日、父親から呼び出され一度だけ会った。

彼女の借金は、プロダクションの契約破棄の違約金AV出演女優の名前の削除。
そしてネット上に溢れている彼女の画像を消す金だと聞いた。

おれが周り真実を話してるのを知り必死になってその事実を消そうとしていたそうだ。
そして、その間2度も彼女は自殺未遂をしていた。
そう父親が話してくれた。
そして最後に、申し訳なかった もう誰にもこの事を言わないでくれと、
持ったことない位分厚い封筒を渡してきた。


彼女はもう別人

と友人から聞いた。
彼女には一生この事実が出てくる恐怖につきまとわれるし、生きた心地はしないのだろうと思う。 ただ、彼女が死のうが生きようがウソが身を滅ぼすという事に気づいて
将来を送って欲しいと思う。


父親とあって以来、彼女の話は一度もしていない。

今日ここに書かかせてもらって、これが最後の復讐。

おれも幸せになりたいし。

ありがとうございます。

<反応>

・報告者も彼女が反省していれば墓まで持って行くつもりだったろうに
何で弱み握られてるも同然なのにこんな嘘ばら撒くのかね


・乙でした

しかしこっちがいくらでも出せる証拠があるのに、嘘をつくとかアホだな
AVへの出演を決めたのもちょっとした小遣い稼ぎという浅はかな理由だったんだろうな

新しく変わった担任は厳しいので有名で、実は…

私が小学校2年の話。

新しく変わった担任は厳しいので有名で、始業式の発表を聞いてクラス全員震え上がった。
そして実はロリ基地鬼畜の糞だった。

標的は私とA。
新学期早々、Aはロリ対象認定、私は鬼畜対象認定。
Aは多少忘れ物や粗相をしても許してもらえる。
その代わり、教室内で堂々のセクハラ。
私はほんの少しのミスですらニヤニヤしながら責める責める責める。

私がされたこと箇条書き。
・教科書破かれる
・ノート破かれる
・教団横で牛乳雑巾で顔を拭くことを強要
・罰と称し教団横でスカートをめくって皆に見せる。
・機嫌が悪いと私だけ給食一品抜き
・日直の仕事の黒板掃除を、
「いいこと思いついた♪お前これから1年毎日黒板掃除な!これでこいつにもっと罰を下せる~(^.^)一秒でも遅れたら牛乳雑巾の刑だ」
と教室で言い、問題になるまでずっとやらせた。
・夏休み、私は補習ではなかったが、黒板掃除のためだけに登校させられた。
・私が伸ばしてる長い髪を切れと毎日怒られ、一学期終わり頃に本当に切って、
軽い復讐のつもりでわざわざ朝職員室に「言うとおりにしました」と報告に行った。
「俺そんなこと言った覚えない」とトボけ、授業が始まったらさらにネチネチ度がLvアップ
・ちなみにAは私より長いが、触り心地がいいからOKらしい。教室で堂々と言ってた(キモッ!


Aがされてたセクハラ箇条書き
・クラス全員苗字で呼び捨てなのに、AだけA子ちゃんと呼ぶ。
・テストの時は決まってAの座ってる椅子の後ろに一緒に座り、抱き付いて指導。
 耳元に顔を寄せてカワイイやらなんやら囁く。
・たまたま授業で使う縦笛を忘れたとき、俺のを貸してやるといい、
 拭き口をベロベロ舐め回してから貸す。
A、半泣きで仕方なく使用するが、休み時間に吐いてた。
・夏休みも会いたいという理由で成績良いのに夏休みの補習に呼ばれる。
 私には会いたくないから黒板掃除したら教室にいるの禁止っていうか
 担任が教室に着く前に消えてないとどつかれる。
・体育の授業で鉄棒の時、Aだけ体をベタベタ触って指導
・担任がいるにもかかわらず、やたら自習が多く、
 Aの椅子に無理やり一緒に座ったり、隣に椅子を持ってきて座ってAを眺めてる。
・後から聞いた話では↑の時、決まってパンツの色を聞かれてたらしい。
・授業中廊下を巡回する教頭が休みの日には、
 「今日は教頭が休みだ♪」と言い一日中Aにまとわり付き、ホッペに何度もキス。
 「口にしようとしたら逃げられる」とボヤく。
・A曰く、その時はお尻も胸も触られてたらしい。

Aは警戒してか、1年の時は放課後校庭で遊んでたのに2年になってからは遊ぶことはなくなった。
他にも色々あるが書き切れない。
2学期まで明るみにならなかったのは、
授業中皆にガッチリ口止めして、
喋ったらこうなるぞと見せしめに私を教団横でフルボッコにし、恐怖政治をしていたため。
しかし2学期のある日全てが明るみになる。


その事件は今でも良く覚えている。
2学期のある日の終礼で、翌日シャボン玉の実験をするからストローを持ってくるよう言われた。
その時お節介な子が
「家にストローがない人はどうしたらいいですか~?」
と聞いた。
担任「なかったら家庭科室から借りれるからいいよ。家にないのにわざわざ買わなくていいぞー」

その日の夜、母とスーパーへ行った。
新しい筆箱、鉛筆、定規、消しゴムを買って貰った。
ウキウキだった私に母が一言
「大事にしなかったら今度こそ許さん!」
何故なら、学校で文房具はもとより、服、ノート、教科書まで
しょっちゅうボロボロにして帰ってたから。
先生にされたと言っても全く信じてもらえず、全て私がしたことになってた。

そして家にストローがなかったから母に話し、一本のために買わなくていい、
ない家は貸してくれるって言ってるんだから借りろと言われ、
嫌な予感はしたけど持って行きませんでした。

朝礼でストロー持って来なかった人の挙手を言われ、私を含め数人が手を挙げた。
目ざとく私を見つけ、鬼の形相で私の席へ。
机の上には昨日母が買ってくれた筆箱に
キレイに尖らせた新しい鉛筆と定規と消しゴムを入れて置いてた。

担任「なんで持って来んかった?!」
私「家に無かった」
と言ったところで遮られ
担任「言い訳はいらんのじゃ!!」
たまたま手頃なサイズと位置にあった筆箱を物凄い勢いで机に叩き付けた。
一瞬で筆箱はボコボコに。
「やめて!!」と言って筆箱を守ろうとしたら取り上げられ床に叩きつけ、
消しゴムを校庭に投げられた(らしい。その時は気づかなかったが
あとで幼馴染みが探して持ってきてくれた)。
私大泣き。
「拾え!」と怒鳴られて、泣きながら拾うも定規は欠け、
何本かあった鉛筆は全部折れて、筆箱はバラバラになってた。
その日は学校でどう過ごしたか家に着くまで全く記憶にない。

帰って筆箱を隠してたら、PTA会合から帰った母が検分するので出せと迫られ仕方なく見せた。
当然母ブチ切れw
理由を聞くにも先生にされたとしか言わなかったのでまた信用して貰えず修羅場に。
でも今日はいつもと違い、タイミング良く消しゴムを届けに幼馴染みが家に来た。
幼馴染みから一部始終を聞いた母、さらにヒートアップwww
学校へ行き、職員室で担任を怒鳴り付けたらしい。
その日の夜
母「次先生に何かされたら授業中でも職員室に言ってどの先生にでもいいから話すように」


翌日の朝礼
担任「親にチクったヤツがいる。人として最低だ云々」
そして私のところへ来て
「お前やろが!」
と机と椅子を蹴って私を転ばせた。
そこへ何故か教頭と母登場→担任連行ww

その日の授業はつい先日産休復帰して担任をしてない優しい先生だったw
放課後、校長室でクッキー食べながら校長先生と二人っきりで一部始終を聞かれた。
せっかくなのでAのセクハラを含めまるっとキレイに話しておいた。
ついでに授業中に教団で鼻くそをほじって食べることや、
プールの授業でAに抱きつきしきりに股間を掻いていたことなども言っておいたww

その後、産休明けの先生が殆どの授業をしてくれた。
当然黒板掃除からは外れ、筆箱は実費で弁償。
実は母がPTA会長だったためか会議で何度も問題にあがり、結局担任は擁護学校に飛ばされた。
その間も何度か担任に責められはしたが、もう手は出してこなかった。
3学期の終業式に廊下ですれ違った時に
「なんでお前の母ちゃんがPTA会長やって黙っとたんじゃ!」
と言われたので、
「知らんかったんや~有名な話やのに、アホちゃう?wwww飛ばされてカワイソー。
オトナの責任って大変なんやね(^.^)」
って幼馴染みと言ってやったw

産休明けの先生にコッソリ教えてもらった話では、
そこでもうまく行かず結局教師を辞めたそうだ。

私の復讐は、母がPTA会長だったことをわざと黙っていたために
結局飛ばされる結末になったこと&最後に嫌味を言って気持ち良く送り出せたこと。

ただ、もしこれが自分の子だったら飛ばすだけでは足りない。
しかし当時は多少の体罰は当たり前だった時代、母曰く
「飛ばすだけで精一杯だった」
と言ってる。

以上です。支援ありが㌧でした。
吐き出せてスッキリ。
今時こんな教師いたら週刊誌ネタだわなあと母と話して思い出し、そっからずっと誰かに聞いて欲しかった。
ありがとうございました。

ちなみに・・・

当時、なんで私を疑い先生を信じたって聞いたら、
「甘い先生が多い中、それなりに厳しくしてくれて
 きちんとしてたように見えてすっかり騙された」
と母は言ってた。
Aの親もうちの母から聞いてはじめてセクハラを受けてることを知ったそう。
問題にするか何度か話し合ってたけど、Aの親が変な噂を嫌がり、
セクハラについては内々に処理された。

擁護学校に飛ばされたことも、子供なりに当時はすげー気の毒に思ったもん。
産休明けの先生は、どうせここであったことは向こうですぐバレるから
気にしなくていい的なこと言ってた。
その産休明けの先生もセクハラ受けてたから、
もしかしたら何かしたのかもって思ってるw

<反応>

・こういう教師の名前、住所、罪状まで
全国の保護者が閲覧できるようなシステム作ったほうがいーんじゃないの?
あまりにもひどすぎる・・・


・俺が親なら子供に土下座して謝る

実母の介護はあなたの事情 他人の私に迷惑かけないで あまえんな

今から8年ほど前になるけど、いまだに根に持ってる。

脳溢血で半身麻痺と痴呆のダブルカウントで要介護だった実母の介護で
兄夫婦同居の実家と自宅往復で大変だった時期に、
義実家同居の義弟嫁から、法事の手伝いに前泊してと呼び出され、事情説明して断ったら

「そんなの私に関係ない!」
と切れられた。

夫と子供は先に行って手伝ったのだけど、
義弟嫁が「男性は台所にれない」と頑張ったので台所仕事はできなかったそう。
後妻の姑(義弟の母)は法事でくる親戚と久しぶりの話に夢中だったそうなんで、
知らないおばちゃん(近所の人)に囲まれて大変だったとは思う。

私は法事当日にしか行けなくて(実家から直行)、
後片付けの手伝いしながら台所で義弟嫁に詫びたら、
その時は周囲に人がいたから言いたかった文句が言えなかったようすごい目で睨まれた。

翌日家の電話に文句直撃された。

「ぼけた実母の介護はあなたの事情、他人の私に迷惑かけないで、あまえんな」

と言われた。
心身がしんどい時期だったので胸につき刺さって不眠に拍車かかった。



そして今、

義弟嫁の実母が入院したそうで姑も少し前から持病で自宅療養中でW介護になってる。

義弟家に子供はいないけど、元気で悪気はないが家事能力がマイナス評価な舅と義弟がいるw
姑は後妻で、うちの夫とは養子縁組していない。

義弟嫁から過去を悔やんで反省してます(だから手伝って)の電話が来たから、

8年前に言われたことをそのまま返した。

自分が言われて胸が裂けそうになったんだから言ったら後悔するかな?
と思ってたけど泣き叫ぶ義弟嫁に胸がすっとした。
夫は手が空いた時に様子を見に行ったら、
司令塔の姑が倒れたあとは「家の中とかもうぐっちゃぐちゃ、あがれない」だそう。

ちなみに・・・

うちに子供が出来て、義弟家(姑の息子)にできないから自然と疎遠気味になったけど、
姑は悪人じゃない、げんきな頃は典型的な大阪のおばちゃんのシャキ奥で
一家の司令塔だったから、あんなに惚けるとは誰も思わなかったよ。

夫が園児の時に実母が病気でなくなってて
舅と今の姑は義弟ができちゃって1周忌またずに入籍したもんで
実母側の祖父母が激怒したそう。
夫は実母側祖父母に引き取られて育ったけど、
実母の記憶は薄いから今の姑を「お母さん」と呼んでるけど養子縁組などはない。
おそらくは実母側祖父母から刷り込みで、
舅を嫌ってるから先々に舅を引き取るなんて考えてもないと思う。

そういった背景を義弟嫁がどれだけ知ってるかなんて私は知らない。

義弟嫁から言われた日からずっと、他人の私に関係ない!
って言い返したかったの、やっといえた。

<反応>

・自分がその立場になってみないと判らない人っているんだよね
義弟嫁もじっくりその立場を味わって当時の自分の事を振り返ればいいよ


・人にぎゃあぎゃあ騒ぐ奴って自分が同じこと言われたら
発狂するよねまじ不思議

「私お母さんの好意を無にされた事が悔しい」と泣きじゃくられた

(※編注:コトメ…小姑。配偶者の姉妹。 トメ…姑。配偶者の母親。)


コトメA(41)、夫(32)、コトメB(25)な義実家。

コトメAの結婚式ではトメ製白無垢とウェディングドレス1着だった。
私の結婚式の時、その白無垢を私にくれると言われたんだが、
コトメAは保存がうまくできず、白無垢じゃなくってシミ無垢。ドレスもシミ…
「あ~~~…」
となる私たちと、
「ちゃんと保存しないと!」
と怒るトメ。
ここでコトメAの白無垢を着る話は無くなったんだけど、なぜか怒るコトメB。

「でもこれお母さんがAお姉ちゃんの為にって一生懸命作ったんだよ!
 弟のお嫁さんがそれを受け継ぐべきだと思うよ!!」

と熱弁された。
コトメAが
「でもできれば誰も袖を通した事のない服を着たいよ。お古でしかもシミだらけなんてやだよ?」
と言うも、Bは
「でも私ならお母さんの服を着て結婚する!!!」
と言い切った。

結局式では普通のレンタル着物&ドレスで出たんだけど
「母の作った白無垢もドレスも着たくないって言って…」
と言いふらしたコトメB!!
「トメが、私の為に、ドレスや白無垢を誂えたのに、着なかった」と勘違いしてる人多数。
実際そう言ってくれたみたいでね!!

「私お母さんの好意を無にされた事が悔しい」
と泣きじゃくってくれたもんな、式で!
年取った祖母にまで心配かけやがって。

その後、会社から友人から親戚から「何があったの?」と心配されたわ!
5年たってもずっとずっと
「お母さんの気持ちのこもった白無垢を着なかった女」と散々言われた。

結婚してからも、たとえば煮物を出すと

「え…これ…どんぶり違う…いつもこっちのどんぶりだよ…はぁ。
でもお母さんの流儀に従う気はないんだろうね、着ものだってそうだったしね…」

って感じで5年間!


その後は家族会議の様になり、トメから
「あなた人様の結婚式にけち付けただけでなく、今度はいびりまでするの?」、

コトメAから
「その年でもう小姑根性丸出し?」、

ウトから
「もっと人の気持ちを考えて発言しろ」、

夫は吐き捨てる様に
「お前女の嫌な部分とか陰険さを濃縮して抽出したような奴だな」

コトメBは
「お母さんの為に言ってあげてたのに!!」
と泣いた。
これで私はコトメBが居る時には義実家に行かない事になった。

そんなBにとうとうDQ返しの時がきた。
コトメでも結婚してくれる相手がいたらしく、報告という形で私もいたんだが

「Bさんおめでとう。
 ドレスも白無垢も選ぶ必要が無いから楽でいいですねwww」

コトメの周囲を巻き込んだ嫁いびりに辟易していたAは、
ノリノリで義実家にしまいこんでいたブツを持ってきた。
トメは本当に喜んで(申し訳なかった…)
「Aが着た服をBにも着てもらえるのねー」
とニコニコ。

シミ抜きはしたけどがっつり後の残ってるシミ無垢に、
何故か全体的にクリーム色になった、20年以上前にデザインされた古臭~いドレスw

Aは「姉妹揃って着れるなんて嬉しいなー」って言ってたけどあれ絶対わざとだw
婚約者さんも「ご家族の思いがこもってるんですね!」と絶賛。

結婚して以来延々と親戚や友人に「家の兄嫁さー」と嘘言いふらしては怒らせてたコトメ呆然。
おかげで親戚からは「鬼嫁にいびられるかわいそうなトメさん」になってるし、
コトメの友人とすれ違った時「超鬼嫁」「あの人さー!」とか聞えよがしに言われたり…

私がどれほど悩んでも、皆がどれほどコトメBを〆ても、
それでも持論を曲げず「嫁子はあのドレスを着るべきだった!」と主張、
絶対婚約者にも「兄嫁がいかにひどい女か」を言ってたはずだし、
その手前もあってまさか嫌とは言えず…ww


両家顔合わせでは、相手の親から
「コトメさんはお母様のおつくりになったドレスで出るんですってー?」
と尋ねられ、顔をこわばらせながら
「そ、それは…あのぅ…」、

婚約者がフォローする様に
「いいよな、そういうのーw」
婚約者父「今時珍しい位の良いお嬢さんですね」で、コトメ撃沈し
「はい…」
って答えた。

当日、もっさりしたドレスを着たブスーっとした顔のコトメが見ものでしたよw
他の純白の可愛いドレス着てる花嫁さんを睨んでましたけど。
そりゃでっかい提灯袖に、テーブルクロスみたいなレース、
山の様なリボンのドレスじゃ、
華奢なレースだの、シンプルだけどおしゃれだの着てる人は憎いでしょうよ。
まあ私もがっちり睨まれましたがw
睨まれる筋合いねーけどな。

大体私が着なかったからって5年もヒステリー起こしまくってたんだから、
自分の番になったらきっちり着て、
自分が主張していたように「いびりで着ろと言った訳じゃない」事を証明してもらっただけ。

結婚して数ヵ月後には義実家から「ドレス云々はコトメBが付いた嘘だ」と
(コトメBの夫は)教えられ、かなり険悪になったみたい。
Aによると

「Bは上っ面が良くって、要領もいい。
でも本性は結構えぐい。
長年一緒にいたらそれ位わかるよ」

だそうでいつまでこの結婚が持つのかしら、と知らん顔でお茶飲んでた。
すでにBの実家滞在時間が長くなってきており、カウントダウン始まりそうだ。

<反応>

・性格悪くて素で嘘吐きで要領だけはいい妹なんて、幾ら姉妹でも憎たらしかっただろうな。
 いや、姉妹だからこそ憎たらしかったかも。Aも相当スッキリしてそう。


・うわー、乙でした…
 コトメB以外の義実家がいい人たちでよかったね。
 Bは「私ならお母さんの服を着て結婚する!」って宣言してたんだから、
 その通りにできて親孝行だったよねー何も問題ないよねー

ある日、クラスでそのボス男とその取り巻きの財布が盗まれる事件が発生。

意図せず復讐になった話なのでつまらないかもしれない。
長いしあまり学もないので目が滑ったらすいません。

中学1年のとき、母子寮に入っている子をからかってた
同じクラスのボス格みたいな男(以下ボス男)に
「お前だって母子家庭じゃん」
と言ったら自分もいじめられるようになった。

そんなある日、クラスでそのボス男とその取り巻きの財布が盗まれる事件が何度か発生した。
盗まれた当日にさっさと帰宅した自分が盗んだという話になったらしく
ボス男とその取り巻き10人くらいが「お前がやったんだろう」と、私の家に訪ねてきた。
身体の弱い母親のかわりに家事をしていたから早く帰宅していただけの私ポカーン。

自宅玄関前でゴチャゴチャやってたもんだから家の母親が出てきて話を聞いて激怒。
手近にあった雪かき用のプラスコップ持って暴れだしたので、母親を取り押さえながら
「母親有段者だから逃げてー!!!」
と叫ぶと、そいつらは蜘蛛の子を散らすように逃げていった。


翌日、クラス担任や学年主任の教師に相談するも
「疑われるようなことをしたんじゃないのか?」
「双方で話し合えばきっと誤解は解けるよ!」
等といわれ、終いに
「実際あまり裕福じゃないはずなのに、文房具なんか新品も多いしねぇ」
と言われ、安いときにまとめ買いしたり、
私自身も新聞配達のアルバイトなんかをして
貧乏ったらしくならないようにしてきただけなのにと、激怒。

「もう解決するまで学校には行かんでよろしい」
と親のお墨付きを頂いて不登校開始。
「学校に来い」という教師達と「解決するまで行かない」という私とで大揉めに揉めた。
最終的に、教育委員会まで巻き込むくらい話が大きくなったが、
なんとか落ち着いて翌学年から普通に通学。
自分が通学を再開したあたりから母親の体調がじわりじわりと悪くなっていった。
3年になり、内申書も悪かろう、と公立の底辺高へ進学を決めて無事進学。奨学金も獲得した。

卒業後、同じ学校に進学した取り巻きのひとりから
「(ボス男)の財布を盗んだの、取り巻きA(以下A)だと本人から教えてもらった、
 本当に申し訳ない」
と土下座された。
しかし正直今更知らされてもなぁ、という感想しかなかった。


そのうちに母親の体調が本格的に悪化し、
母子家庭だった我が家ではかさむ医療費に学校どころではなくなり、働くために学校は中退。
母親の医療費の為に昼夜働くようになり、18になると同時に水商売で働き始めた。
生活保護は頑なに母親が嫌がったので、受けなかった。

中学時代のことは思い出しもせずにホステスをして
何年か過ごしているときにたまたま某飲料メーカーの人事の人が
私を気に入ってくれて何度も指名をしてくれるようになった。
何の会話のときかはもう覚えていないけど、
出身中学の話題になり「自分ドコソコ中学です~」とか話してたら
「ドコソコ中学?うちのルート配送にドコソコ中のヤツいるよ。今度連れてこようか?」
と、言われた。
笑いながら「自分いじめられっ子だったんで遠慮www」とは言ったものの、
気になったので「誰ですか?」と聞いたらA。
思わず

「アイツ手癖悪いですよ、人に罪なすりつけるし」

と口走ってしまった。
当然場はシラケるわけで、自分の商売意識の甘さに情けなく思った。
そのあとしばらくそのお客さんも来てくれなかったしね。

何ヶ月か経って久しぶりにそのお客さんが来てくれたときは土下座せんばかりの勢いで
前回口走ったことを謝罪した。
そんな自分をさえぎってそのかたは
「逆にこちらが感謝したいくらいだ」
と。
ポカーンとなった私に、そのかたが話してくれたんだが、
「Aの社内での窃盗と横領が発覚してクビにした」と。
コネ入社だったらしくその絡みで揉めて、飲みに来るどころではなかったらしい。

前回私が口走ったことで、
何度かあった窃盗に関してもしかしたらと思い罠を仕掛けて取り巻きAは
まんまと罠に引っかかった、という。
その後、取り巻きA両親が離婚、
新婚だったAも嫁に逃げられて同窓会にも出てきてないらしいが
まだ地元にAとその母親は住んでいるらしいがほぼ村八分状態だとか。


ちなみにボス男には卒業式の時呼び出され

「ほんとはずっとお前のことが好きだったんだ」

とかモゴモゴ言ってたけど

「自分のこと殴ったり、こそこそ悪口言ったり、荷物漁ったりする男に惚れるバカがいるかボケ」

と言ったのを最後に会ってもいない。

<コメント>

・もし報告者がホステスにならず、人事の人と会わなかったら
Aの窃盗と横領は発覚しなかったのだろうか……
人生何が起こるかわからないね。


・ナマポ貰って当たり前、というのも間違ってはいないけど、
他人の世話にならないことを矜持とする母子を非難は出来ない。
貧しくても矜持を失わない人は尊敬する。
中卒で働いて自活している人間と大学出てナマポ貰ってる人間とどちらが正しいのか。
まあ、今の状況だけで結論は出せないが。

1 2 3





AKYSTARさん

ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪