1. まとめトップ

妊娠中の方、これから妊娠を考えている方必見!!【知ってて良かった!妊娠中の疑問まとめ】

妊娠中はいろいろと制限される事が多く、ストレスがたまってしまいますよね。少しでも多くの妊婦さんの不安を解消出来たらと思い、妊娠中のよくある疑問をまとめてみました。現在妊娠されている方、これから妊娠を考えている方、妊婦さんの旦那様、是非参考にしていただけたらと思います。

更新日: 2012年12月18日

213 お気に入り 75596 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wantswedenさん

1、食生活について

(1)妊娠初期

※摂取すると良いもの

★葉酸たっぷりの食事
★水分補給もしっかり
 つわりで食事がとれない場合でも水分だけはしっかり補給を。水分が不足すると体力が消耗し、血栓ができやすくなります。妊娠初期に葉酸(ブロッコリー、ほうれんそう、グレープフルーツ、大豆、卵など)を摂取すると胎児の先天性形態異常のリスクを減らすことができます。

※あまり良くないこと

★つわりでも無理して食べる
★「食べづわり」でついつい食べすぎ
 つわりで食べられなくてもこの時期は赤ちゃんの成長にほとんど影響しません。無理して食べる必要はなく、「食べたいものを食べられるときに」でOK。注意したいのは食べないと気持ちが悪い食べづわりの場合。低カロリー食材を選んで体重が増えないよう気をつけて。

(2)妊娠中期

※摂取すると良いもの

★食物繊維、鉄分など栄養素を意識してとるようにする
★薄味を心がける
 妊娠すると体内に水分をため込み、むくみやすくなります。低塩分&薄味の食事を。また子宮が大きくなると腸が圧迫され便秘がちに。便秘、貧血などのトラブルを防ぐためにも食物繊維、鉄分はしっかり補給を。

※あまり良くないこと

★つわりが終わって、食欲バクハツ!
★「2人分食べなきゃ」とエネルギー過剰に
 中期に入りつわりが終わると、それまで食べられなかった分をとり戻すかのように食欲がわいてくることがあります。でも食欲のままに食べているとみるみるうちに体重が増え、一気に5~5kg増ということもめずらしくありません。この時期は2~3kg増までに抑える努力を。

(3)妊娠後期

※摂取すると良いもの

★鉄分、カルシウムをたっぷりとる
★小分けにして食べる
 胎児の体や胎盤で鉄分が使われるので貧血が心配。貧血で出産にのぞむと出血が増えるなど思わぬトラブルを招きます。また、おなかが大きくなると胃が圧迫され、一度に食べられなくなってきます。食事やおやつは1日4~5回に分けても。

※あまり良くないこと

★里帰り、産休などで食事量がふえる
★最後の油断で一気に体重増
 「あと少し」と気がゆるみやすいのがこの時期、一気に体重が増えると妊娠中毒症などのトラブルも心配。高カロリー食は控えて。「里帰り先で2人分食べなさいとすすめられる」「産休に入り家にいる時間が長い」など、誘惑に負けないで。

(4)その他の注意点

【塩分のとり過ぎには要注意!】

塩分のとり過ぎは妊娠高血圧症候群を招くこともあります。インスタント・レトルト食品は塩分が多めなので控えたいものです。調理するときはしょうゆやドレッシングの代わりにレモンや酢で味付けしたり、薬味や香辛料を使えば減塩でもおいしく食べられます。

【食べ過ぎに注意が必要な魚】

★キダイ、マカジキ、キンメダィ、マグロ、メカジキ、エッチュウバイガイ
上記の魚は、おなかの中の赤ちゃんに影響を及ぼすメチル水銀を蓄積しているおそれがあると、厚生労働省は注意を呼びかけています。これらの魚は摂取量を控えめにし、心配のないサケ、アジ、サバ、イワシ、サンマ、タイ(キダイ以外)、ブリ、カツオを中心に食べると安心です。また、ツナ缶も通常の量であれば特に問題ありません。

【カフェイン】

カフェインが含まれている物と言えば、コーヒー・紅茶・緑茶など。
カフェインの過剰摂取は、流産・死産のリスクが2~3倍にもなるんだそうです。でも問題は摂り過ぎの場合なので、適度な摂取はOK。コーヒーなら約1日3杯くらいは問題ないようです。

【タバコとアルコール】

妊娠中の喫煙は、流産・早産、低体重児、乳幼児突然死症候群、呼吸器疾患、心臓疾患、発育遅延などの可能性が高まります。

妊娠中に飲酒していると「胎児性アルコール症候群」といって、発育障害・知能障害などを引き起こす可能性が高まります。以前は少量なら・・と言われてたけど、最近では少量でも良くない事が分かったそうです。

5、よくある妊婦さんからの疑問

まぐろは、昨年厚生労働省が発表した「妊娠初期に胎児に影響する可能性があるメチル水銀濃度が高い魚」に含まれます。食べてよい量はまぐろが刺し身4切れ程度、ツナ缶は80gをそれぞれ週1回以下。ただし影響は未確認なので、必要以上に心配しないで。(上田先生)

1 2 3

関連まとめ