1. まとめトップ

GreenPost 38号 - しなやかな技術研究会 2012/9/3-7日版

再生可能エネルギーニュース - ”しなやかな技術”に関する情報収集および発信----- GreenPost -Heuristic Life- 発見的生活の提案

更新日: 2012年09月09日

greenpostさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 6254 view
お気に入り追加

[次回のまとめ GreenPost 39号 - しなやかな技術研究会 2012/9/10-日版 ]
http://matome.naver.jp/odai/2134646040623802801

p2 ●おすすめエントリー ■ニュース&トピックス
http://matome.naver.jp/odai/2134602703185031901?page=2
p3  
http://matome.naver.jp/odai/2134602703185031901?page=3
p4 ●気になる話題
http://matome.naver.jp/odai/2134602703185031901?page=4
p5 ●気になるツィート
http://matome.naver.jp/odai/2134602703185031901?&page=5
p6 ■気になるまとめ ●Twilog
http://matome.naver.jp/odai/2134602703185031901?page=6

[バックナンバー]
しなやかな技術研究会 まとめ* Index*
http://goo.gl/1DyMl

[前回のまとめ GreenPost37号 - しなやかな技術研究会 2012/8/27-31日版]
http://matome.naver.jp/odai/2134543274138191701

----------------------------
注:右のカラムに表示される「このまとめの関連商品」や広告は、GreenPostがえらんだものではありません。商品のクレームやお問い合わせは、Naverまとめ事務局にお願いします。運営会社への連絡先は、巻末にあります。

■GreenPostの記事 / おすすめエントリー

政府が国民的な議論を経て決定するとしていた、わが国の次期エネルギー政策の素案が明らかとなったと47Newsが報じました。このとおりの内容であれば、野田政権は国民的な議論を経て、それを無視し2030年に15%を決めることになります。

報じられたのは「政府の革新的エネルギー・環境戦略の素案」で、三本柱として、

・原発に依存しない社会の一日も早い実現
・グリーンエネルギーの拡大
・エネルギーの安定供給

 原発比率については、2030年には15%を下回らせ、さらにゼロを目指すとし。肝心の時期は空欄

・運転期間40年(新たな安全基準を満たせば40年を上限に活用)
・安全性と必要性を確認した原発は再稼働
・新増設しない
・他のエネルギー拡大で必要性が乏しくなれば40年以内でも止める
・使用済み燃料について処理、処分問題の解決に直ちに着手
・発送電分離などの「電力システム改革」を進める

三菱重工業は、三菱商事と共同でメキシコで50MW(5万kW)の ロス・アスフレス3(Los Azufres III) 地熱発電プラントを受注したと発表しました。メキシコは、世界第5位の地熱資源を保有する地熱大国で、日本の2倍程度の設備容量を持ち、全電力の2%強を地熱発電でまかなっているということです。

-----image : Googleマップ Los Azufres I、Los Azufres II, Mexico Geothermal Power Stationより
http://goo.gl/4uHOq

- Los Azufres Geothermal Power Stationにも納入実績をもつAlstomが、メキシコの地熱発電の紹介ビデオをYouTubeにアップしてありました。参考動画です。

日立造船ら6社1協会は、洋上風力発電建設技術および事業化に関する共同研究会として「地域振興型アクア・ウィンド事業化研究会」を設立すると発表。着床式洋上風力発電事業に関して、今年度内に有力と考えられるフィールドを選定して風況観測を実施。さらに、浮体式洋上風力発電にも研究開発段階として取り組むことを発表

- 参考エントリー

緑藻からバイオ燃料を生産する技術を有する、アメリカのSapphire Energy サファイア・エネルギー社は、ニューメキシコ州に世界初となる規模での本格実証工場を稼動させたと発表しました

-----image : 「プレスリリース / Sapphire Energy、August 27, 2012
・SAPPHIRE ENERGY’S COMMERCIAL DEMONSTRATION ALGAE-TO-ENERGY FACILITY NOW OPERATIONAL」Multimediaより
http://www.sapphireenergy.com/press-article/1078792-sapphire-energy-s-commercial-demonstration-algae-to-energy-facility

ソーラーデカスロン・ヨーロッパ Solar Decathlon Europe 2012 に参加する、千葉大学チームのソーラーハウス「おもてなしハウス Omotenashi House」の現地での組み立て作業が開始されました。
Solar Decathlon Europe 2012は、スペインのマドリッドで、9/14から開始されます

トヨタ自動車は、燃料電池バスから外部へ電源供給できるシステムを開発したと発表しました。燃料電池ハイブリッドバス「FCHV-BUS」をベースに開発したもので、車内に交流電力(AC100V、1.5kW)を出力するコンセントを2箇所設置し、最大出力3kWの電力を供給することができるということです。

-----image : プレスリリース / トヨタ自動車、2012年08月31日
・トヨタ自動車、燃料電池バスの外部電源供給システムを開発 より
http://www2.toyota.co.jp/jp/news/12/08/nt12_0810.html

京セラは、フィジー共和国の無電化約2,000世帯に合計405kWの太陽光発電システムを供給中であることを発表。バッテリー付きの太陽電池が、無電化地帯で活躍しそうです。

-----image : フィジーは、どこにある島と聞かれたので、、、地図です。Google Mapより
http://goo.gl/mfB3h

1 2 3 4 5 6





自然エネルギーに関心があります。次代を担う、暮らし方を支える技術についての情報収集ならびに発信を行っています。



  • 話題の動画をまとめよう