1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

会社を大きく育てるより、会社そのものを売って利益を得て、また別の会社をつくることを優先するのがイスラエル建国以来の伝統だそうだ。

米軍で採用されている無人偵察機は、すでにアフガニスタンなどで実戦に投入され、情報収集に高い能力を発揮しているとされる。偵察だけでなく、攻撃を主目的とした機種も数多く開発されてきた。これらの無人機開発の技術をリードしているのは、米軍や米国内の航空機産業ではなく、イスラエルの会社である。

兵役が義務付けられている。集まった若者の中で特に優秀な人材は、兵器の開発や情報技術関係の任務に選抜される。実戦がいつ起きてもおかしくない緊張感の中で最先端の技術を身につけることになる。そして兵役中に学んだことを生かして除隊後に起業するというパターンが多いのだという。実際に軍事用車両の開発を行うプラサンは退役軍人が起業したベンチャー企業である。

イスラエルの武器業者がイランに対し、 F-4戦闘機のスペアパーツを許可なく輸出しようとしたとして逮捕されたことが明らかになりました。 これらの武器業者は不正輸出については否認しているとの事ですが、 2002年にも装甲車のパーツを不正に輸出しようとしたことがあるとのころです。 ドイツ当局により荷物が押収され、それがイランへ向けたものであることが判明しています。 イランは1970年代に米国から購入したF-4戦闘機を保有しています。 そして1979年のイラン革命後、米国からの武器輸出が禁止されました。 F-4戦闘機は1960年に登場して依頼、今も世界各国で使用されている戦闘機です。 イスラエル空軍はF-4戦闘機を段階的に退役しています。 武器業者はこのF-4戦闘機のパーツをギリシャの幽霊会社を経由して発送していました。 イスラエル当局者はノーコメントとしていますが、 報道によれば米国はこれらの業者の動きをリ

米国務長官による中東和平交渉への取り組みを「強迫観念」と酷評したことが報じられ、米国とイスラエルの外交問題に発展していることを受け、同国防相は14日、ケリー国務長官に謝罪を表明した。米国とイスラエルは対イラン政策でも衝突したばかり。

 ケリー国務長官は昨年3月以降、イスラエルを10回訪れている。だがイスラエルの主要日刊紙イディオト・アハロノト(Yediot Aharonot)によると、ヤアロン国防相はイスラエルと米国の高官との私的な会合で、ケリー長官が和平交渉への取り組みを放棄してそのエネルギーを別のことがらに注ぐことに期待感を示した、としている。

推進. 【エルサレム=井上亜希子】テルアビブ郊外の病院に入院中のイスラエルのアリエル・シャロン元首相(85)が危篤状態となった。 元首相は2006年1月の首相在任中に脳卒中で倒れて以来、8年間昏睡状態にあった。 元首相は4度の中東戦争で戦功を上げ、1973年に ...

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領とイスラエルのビニヤミン・ネタニヤフ首相はクレムリンで会談し、両国関係のほか、中東問題、シリア問題などについて協議した。イスラエル側の主要な関心はイランの核開発問題だった。
ネタニヤフ首相のモスクワ訪問は短期の実務訪問だが、プーチン大統領との会談は3時間近く続き、深夜にまで及んだ。

ネタニヤフ首相が会談後発表した声明によれば、イランの核開発問題についてロシア政府の仲介が期待されているということで、プーチン大統領に対して何らかの行動を考えるよう促している。イスラエル側はウラン濃縮の完全凍結および関連施設の解体を望んでいる。

ロシア側はいままでにも、イランが独立国家として平和目的での原子力を開発する権利を有するとの姿勢を示してきた。

会談後、プーチン大統領はロシアとイスラエルの関係が特別なものであり、さらなる発展が望まれることを強調した。

【パリ=三井美奈】米国とイスラエルが8日、国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)での投票権を失った。


 両国は2011年秋、パレスチナのユネスコ加盟承認に反発し、分担金の拠出を凍結。ユネスコの規定は、拠出金の不払いが2年間続いた場合、総会での投票権を自動的に停止すると定めており、8日が期限だった。

イスラエルのネタニヤフ首相は、国連総会での演説で、イランのロウハニ大統領を「羊の皮をかぶったオオカミ」と表現し、国際社会がイランの核開発に圧力をかけ続けるよう求めました。

 「アハマディネジャド(前大統領)はオオカミの皮をかぶったオオカミだったが、ロウハニ(大統領)は羊の皮をかぶったオオカミだ!」(イスラエル・ネタニヤフ首相)

 1日、国連総会で演説したイスラエルのネタニヤフ首相はこのように述べ、欧米に対して融和的な姿勢を打ち出して注目されているイランのロウハニ大統領について何度も名指ししながら、「彼の言葉を信じることはできない」と警戒感を露わにしました。

 演説では、ロウハニ大統領がかつてイランの「国家安全保障最高評議会」の書記だった時代に、イランが外国で起こしたとされるテロをひとつひとつ挙げたほか、ロウハニ大統領が核問題の交渉担当だったころ「意味の無い譲歩を繰り返して煙幕を張り、その裏で核開発を続けた」と批判、「今回もそうするつもりだ」と牽制しました。

朝日新聞米・イスラエルが地中海で合同ミサイル試験、予告なく一時市場に動揺ロイター... チェック. [エルサレム/モスクワ 3日 ロイター] - イスラエルは3日、地中海で米国と合同のミサイル迎撃実験を実施した。ただ、事前に予告していなかったことから、ロシアが同地域で弾道のような物体をレーダーで探知したとの報道が先行する格好となり、一時緊張が高まった。地中海でミサイル発射=イスラエルが実験、ロシア探知-シリアけん制か時事通信イスラエル、米国と合同でミサイル発射実験日テレNEWS24イスラエル、地中海でミサイル迎撃実験を実施TBS News日本経済新聞 -MSN産...

「原爆」と言えば、ユダヤ系アメリカ人の物理学者ジュリアス・ロバート・オッペンハイマーの名前がすぐに思い浮かぶ。第二次世界大戦当時ロスアラモス国立研究所の所長としてマンハッタン計画を主導、卓抜なリーダーシップで原子爆弾開発プロジェクトの指導者的役割を果たしたため「原爆の父」として知られている。ユダヤ国家であるイスラエルのダニエル・シーマン氏が、広島や長崎への原爆投下を正当化し、これからイスラエルが原爆を「正義の核兵器」としてパレスチナやイランに投下するのを正当化しようとするのは、十二分にあり得ることである。

しかし、米国の映画監督オリバー・ストーン氏(父ルイスはユダヤ系の株式仲買人、母はフランス系のカトリック教徒。折衷案として米国聖公会で育ち、後に仏教徒となる)は原爆投下について「米国は日本が降伏寸前であったことを知りながら、ソ連を牽制するために投下を決断した」と断じている。これは、「原爆投下はあくまで戦争の早期解決を目的としたものだ」というこれまでの一般的な見方を覆すものだった。原爆投下を命じた米国トルーマン大統領が、第二次世界大戦後のソ連を牽制す

イスラエル高官の暴言に対し、イスラエル政府にもっと毅然とした態度で強く抗議すべきであるということだ。

世界に向けてこのイスラエル高官の発言を日本の総意は許さないという意思表示を行なうべきであるということである。

それが出来ないようでは、「唯一の被爆国として原獏投下は許さない」と繰り返す日本の主張は建前に過ぎないということになる。

二度と原爆投下は許さない、という日本の立場もまた、政治によって都合よく使い分けられているということである。

そんなことでは日本の原爆反対の訴えは世界には届かない(了)

イスラエルは、拘束しているパレスチナ人104人を和平交渉の進展を見ながら段階的に釈放していく方針を決定しており、釈放されれば第1弾となる。

 26人の中にはイスラエル人を殺害したとされるパレスチナ人も含まれており、イスラエル側には被害者の遺族らを中心に釈放に反対する意見が根強い。一方、パレスチナ側では拘束されているパレスチナ人を「英雄」とする声もある。

 イスラエルとパレスチナは7月末に約3年ぶりに和平交渉を再開。パレスチナ側は交渉再開の前提条件として、イスラエルが拘束するパレスチナ人の釈放やユダヤ人入植活動の凍結などを求めてきた

1 2