1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

5Aさん

世界で最も低声の記録をもつ男ことアメリカの歌手ティム・ストームスさんの声は、G-7(0.189Hz)というよくわからない領域に到達しているのだそうです。

もはや人間には聴き取ることができず、象のような巨大な動物の可聴域でなければ聴こえないストームスさんの声域は、現在のピアノの主流である88鍵・7オクターブ1/4よりもさらに低い10オクターブをカバーしているのだそうです。

非公式では12オクターブの記録をもつというストームスさん。もはや低音すぎて、自分の可聴域でも聴くことができないそうですよ。

参考までに、ヤマハ株式会社の楽器解体新書によれば、

────────────────────────────────────────────
人が音程として聴き分けることができる上限はせいぜい4000ヘルツぐらいまで。
仮に、これ以上ピアノの鍵盤数を増やして音域を拡大したとしても、人間の耳には低音はゴロゴロという唸りに、また高音は音程感のない耳障りなノイズとしか聞こえなくなってしまうため、音楽的には殆ど意味をなさなくなってしまう。
────────────────────────────────────────────

のだそうです。

アフリカ系アメリカ民謡の「That lonesome road」をストームスさんが歌っていますが、ゴロゴロ感すごい。もはや遠雷です。

1