次作の『展覧会の絵』やその2作後の『惑星』で、ビルボードで1位にランキングされ[8]、以降『バッハ・ファンタジー』(1996年)まで、いずれも世界的なヒットを記録している。冨田のシンセサイザー作品群は、すべての音色づくりはもちろん、全パートの演奏と録音も冨田自身が一人で制作したものであり、現在主流となるパーソナルスタジオでの音楽制作の先駆けといえる。

出典冨田勲 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【タモリ倶楽部】シンセサイザーの神様 冨田勲って?Moog【初音ミク】

シンセサイザーの神様 冨田勲先生が、初音ミクとコラボレーション!&9月7日(金)「タモリ倶楽部」に出演されるということで、日本の電子音楽のパイオニアである日本の作曲家、編曲家、シンセサイザー奏者 巨匠”冨田勲”に関するまとめを作成してみました!

このまとめを見る