冨田勲の音楽では、アルバムの演奏の随所に顔を出すお馴染みの音色がある。ある作品の音色が別の作品の脇役として登場する演出が少なくない。これは、手塚漫画におけるスター・システムの手法をサウンドに取り入れたものである。

冨田は試行錯誤しながら自分で作ったこれらの音色に対して、わが子のように愛着のある連中だという。主なキャラクターに、「パプペポ親父」、「口笛吹き」、「少女のハミング」、「女神のソプラノ」、「森のコーラス」等と名付けている。

出典冨田勲 - Wikipedia

スター・システム=手塚治虫作品でいうヒゲオヤジのようなものですね。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【タモリ倶楽部】シンセサイザーの神様 冨田勲って?Moog【初音ミク】

シンセサイザーの神様 冨田勲先生が、初音ミクとコラボレーション!&9月7日(金)「タモリ倶楽部」に出演されるということで、日本の電子音楽のパイオニアである日本の作曲家、編曲家、シンセサイザー奏者 巨匠”冨田勲”に関するまとめを作成してみました!

このまとめを見る